ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

shin-ki-itten

心機一転:ある動機からすっかり心持の変わる事。そう、今日がまさにその日。俺にとっては心機一転の日。なんか最近荒んでたわ、心が。多分。ちょっと心を入れ替えます。

もうあっという間に12月になって、気づけばこっちの授業はもうほとんど終了したんよね。マジ時が経つのはなんでこんなにも早いもんなんやろう、、、。わからん。でも、とにかく、俺は今日から変わる努力をする。人は簡単に変われるもんじゃない、って友達に言われたけど、でもその友達はだからって不可能じゃないって言った。

俺はカナダに来て変わったと自分で感じるけど、それが良かったか悪かったのかはわからん。でも最初のころの俺にとってあの変化は必要だった。今、俺はまた変化を必要としてる。

口が悪い。
心が荒んでる。
物事の考え方は適当すぎる。

ま、俺の事知ってる人からしたらいつものまさやん!ってなんねんけど、でも俺もう20にもなって、ひどいと思った。あかんわ。きらいなとこ見つけたらとことん嫌いになるとことか、ガキ臭い。正直にその人の前でも気持ち表してるからましとか思ってたけど、それってただのアホかもと思う。もちろん陰口よりはましやけど、でもまだ程度が低い。

最近金八先生とかダウンロードして、あと俺のお気に入りの深田恭子とウォンビンが主演のフレンズって映画見て、いろいろ思う。なんか懐かしい自分と、今の自分、そしてその先にいる自分。。。とにかくいろいろ考えてる。

ま、でもとりあえずフレンズはええわ。笑 あんなんええ、マジでええわ。ウォンビンの男らしさを見習いたいのと、深田恭子に同感。夢があることのスバラシサ。したいことしてるだけでいいんかよ?っていうウォンビンの言葉も、深田恭子のただ逃げてるだけだよ、っていう台詞も全部俺には重いわ。でも、、、。ってか、あんないい男になれたらええのに、、、。ま、顔が違うわ 笑。

とにかく心機一転。

このきっかけはカナダに一緒にきてる友達からもらった。友達がいつも俺の刺激になってくれてんねんな、ありがとう。ホンマに。頑張るわ、俺。

2004.12.01
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2004-12-01 10:11 | kokoro no tizu
<< tomohisa