ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

to be seen

んーーー

今見返すと、いったい何が書きたいのかよくわからん前回のブログ、、、。
ま、いっかw

んとね、俺はさ、あの、、、尊敬とか確かに別にいいっちゃいい。どうでもいいっちゃどうでもいいけど、でもどうでもよくできんときが多い。ってのは、その、尊敬とか大そうな言葉を使ったけど、結局何がいいたいかって言うとさ、その、他の人の目、他人に見られとる、ってことを俺はものすごい気にするっちゃん。

なんていうと、え?あなたがですか?なんて思われそうなくらい、自由奔放に、おかしな格好、大量のピアス、、、等々いろいろ自由にやってるけどさ。でもすごい気にするっちゃんね。俺の弱点。周りの目が気になるところ。周りはそんなに見てない、とか、見てる、とかそういう問題じゃなくて、いったい自分はどう見られるのか、ってのは俺の中で大きいわけ。

んで、自分にかっこいい、と言える自分、ってつまり、自分が客観的に見て、自分がかっこいいかどうか、ってことやろ?その、外見とかじゃなくてから。それってつまり、自分の目で見た、自分、だよね?んで、じゃあどうやって自分がかっこいいか、かっこ悪いか決めるのか、って言ったら、それって、俺がどう人のことを見とるかってことやん?んで、それはじゃあどうやって決められるのか、って言ったら、、、いつも俺が見てるもの、が基準な気がするんよ。

んでそれで、昨日、書いたブログに「他人にないものねだり」のことについて書いたわけ。結局その、大そうな言葉「尊敬」ってのも、自分にはもっとらんものをもっとる人についてつかうんじゃないか、と。自分にないものを見て、あれがほしいという。そんな子供の心理のようなものが、実は人間な本質やろ、って思うとって。んで、それが俺が人を気にしとる理由やと思うん。

んーーー。
やっぱりなかなかまとまらない。
自分が見て、自分をかっこいいと、思えるのは、自分にもってないものを自分が持ったとき?なのかなー。。。なんか違う気もするけど。あ、ものって、別に見えるものだけじゃないけど。その、尊敬ってのは、確かにオーバーすぎたけど、そのあの人すごいな、っとか思う時のその基準、すごいの基準とか、頑張ってる、の基準とか。俺の友達は俺の何十倍も努力しとったから、あんなんみたら俺のやっとうこととかは、ほんとにかけらみたいなもんやけど、もっとしとらん人(がおるなら)から見たら、それは大きなもんになる。

じゃあ自分の中に作られた基準てなんなん、ってなるわな。
わからん。
それが、俺の中のかっこいいとか、作ってるんやろうな。
んで、それはものすごい外の世界、俺が目で見てる世界からの影響を受けとるわけで、だから俺も外の世界のことを気にしてるわけで。あれ、なんかあんまし論理的じゃない気がしてきた。。。んーーー。倫理って難しい。

何はともあれ。

俺ってホントにわからん人間やなー。
今日イッちょ前に他人のことについて話してる自分がいたけど。ってかよくあの人はこうだ、この人はああだ、って言ってるけど、俺ってそんなに人のことが言えるほど、自分のことをわかっとるんか、っていう。でも自分の事は見えんけん、人のことばっかり見えるんかな。そんなんじゃ口だけの男になってまう。それはぜんぜんかっこ悪いし。

わからん!!!

でもわかるのは、こうしてパソコンの前でカタカタとタイプしてると、けっこう頭の整理にはならないけど、最近口にしなくなったこういう倫理的なことを考えるようになったなーって。自分との対話を少しずつまた再開させていこうと、思える今日この頃。おお、もう3時。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-10-10 03:07 | kokoro no tizu
<< Masa loves ever... to respect and ... >>