ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

カナダで暮らすということ

今日は日本語で打とう。

さっきメールを確認したら、大学の先輩からメールがきてた。どうやら海外旅行(卒業旅行か)でヨーロッパにいってたらしい。おお、ムッチャええ、と思いながら。そのメールを読んでる間にいろいろ、先輩の考えたこともなんとなく伝わってきた。俺が昔愚痴ったことが少しわかったよ、とか。笑

海外に出ることの意味を先輩は考えてた。結局最後は、「それでも外にでるのはいいことだ」っていう締めくくりだったんだけど。でも俺も考える。どうだろう、海外で暮らすことは、本当にいいことかどうか。わかんない。正直、今カナダもうすぐ6ヶ月で、普通の学生と同じように寮に住んで、こっちの授業に出て、食事をして、英語をしゃべって、んで。でもそれが本当にいいかと言われれば、まあ、はっきりといいと言い切れるわけでもない。

どうやら俺はかなり日本、という文化のある家で生まれたらしく、どうもいろいろしっくりこない。小さいことが、こういうときには大きくなるとはまさにこれ。ホント、すごいちっちゃいことだけど、そういうときに日本を感じ、日本が恋しくなる。シャワーだけの生活とか。食事のありえない油とか。男女関係とか。ま、いろいろ。

でも、外に出たからわかったってことだってあるし、外にでて発見したことは多々。親に対する感謝、友達と過ごす何気ない日々、言語の大切さ、日本という国の裕福さ、教育の違い、考え方の違い。もしかしたら俺は結構エスノセントリズム?って思うことはけっこうある。愛国心とかじゃあないとは思うけど、いろんな面で、日本がいいと思う。ただ懐かしいのかな。とも思うけど。でも授業はこっちの方がいいかな、もしぺらぺらに英語しゃべれてたら絶対にコッチのほうがいい。日本語でもこういう授業ないかなーって思うし。そういう意味で、清家先生の授業はどちらかというとこっちに近いかも。ほら、あのときあんなに嫌だった先生の授業がいいと思えるわけ。

違う環境にいくことは、絶対にその人の価値観を変える。100%変わるわけじゃないし、でも絶対に影響される。仮にその人の信念は変わらなくても、絶対にそこにいくまでの道筋で考えるその方法が変わる。それくらいの影響力を持っている。

その上で、じゃあ、長いこと海外に身をおくことがいいことなのか、それがわからない。もちろん日本にはいつでも帰れる。だから、それならせっかくのチャンスを、海外で過ごせばいいとも思う。もし俺が高校生ならそれで済んだと思うけど、でも俺ももうすぐ大学3年生。いつまでも夢見てばかりでいいのか。それがわからない。人間はいつになったらマジ目に働くことを意識しなければならないのか。人間はいつになったらサンタクロースを信じるのではなくて、いかにサンタクロースを信じさせることを考えるのか。

他人は関係ない、自分の人生は自分のものだというけれど、でも他人との関係の中で生きてるんだから、そこだけ調子よく他人を排除なんてできない。周りの子の将来設計を聞いてると、その最終目的がないことだけにただ不安を感じ、そのせいで今を満足に生きてない。将来を考えて勉強したいけど、将来がないから何していいのか、どこにいていいのかわからない。ただ興味のままに進んでると、卒業したときに何が残るのか。今日のことばかり考えて、今日を生きていけば、楽しいかもしれないけど、じゃあ2年後に振り返って、また同じことしてるんじゃない?その辺がどうもわからない。

ま、深く考えれば考えるほど、底なしの沼にはまっていく、という久しぶりに俺らしい行動をとっているから、なんか俺自身自分でこっけいだなーーーと思ってるけど、でもまあ、俺はこの性格、まあいいんじゃん?と思うし、これはきっと考えるに値する。ナウシカ覚えてる?アスベルを助けるために樹海でメーベで飛び回るけど、蟲に当たって下に落ちてしまうんだ、で、そこが砂地獄。アスベルは必死でナウシカを助けようとするけど、砂丘にやられて動けない。ナウシカはもう気絶してる。もがけばもがくほど、砂地獄って入っていくんだってね、マジ最悪。でもそのあと、ナウシカは事の本質を知る。樹海の地下におりたったとき、はじめて世界がなぜ樹海を作り出したのか、本当にすべきことがなんなのか、理解するんだ。きっと、砂地獄の先は地獄じゃない。むしろ、悟りの境地のはず。だから、俺もこの地獄を越えた先にはきっと待ってる、自分を理解できる日が。今すべきことは、とりあえずもがいてもがいて。もがくしかない。

2005.1.25
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-25 10:11 | kokoro no tizu
<< 忙しさの中で Bday party >>