ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

going my way

最近また英語で書くことの価値を見失ったので、日本語で書きます 笑 それに今日の書きたいことは日本語じゃなきゃかけない。

ま、でもその前にToday my pretty pretty neice(spell correct???) will be 1 yr old!!! Happy Birthday my Luna~~~!!! I am so happy that u became 1 yr old. I am so sorry that I cannot say it directly to u, but Masa-ni-chan will be back soon to celebrate ur birthday later. kakaka

よし。姪馬鹿ぶりを発揮したとこで。
今日友達の突然(俺にとって)ロス行きを知った。どうやら音楽関係の学校に1年いくらしい。違う友達もイギリスに行くということをメーリスで知って、どういうことなのか今聞いてるとこ。違う友達は万博のために休学した後、留学をするといううわさ。また別の友達はインドネシアに留学が決まってるし、あと台湾にも一人、あとタイに2人、京都の立命館大学へ1人、休学が1人、、、。こうやって考えるとムッチャいろいろなとこにみんなが散ってくんだと感じた。俺も実際たぶん去年の秋に、そうやって思われていた人の一人だろうけど、そう思うと、人間てマジ自分の道を歩んでいくもんだな、と思った。多分大学の時点でこんなにアホみたいに(笑)海外や別の場所へころころ移動するなんて珍しいのだろうけど、でもマジでみんな自分のやりたいことに向かってるんだろうな、と思う。特に俺がすごいと思うのは、英語の勉強じゃないことをしにいく人たち。だって英語って言ったらシュウカツの必需品みたいになってるから、就職に有利なことは間違いないじゃん。それが目的であろうがなかろうが、とりあえずきっと便利。でも他のことってさ、けっこうカケなんだよね、俺にとって。そのカケが出来る勇気が今の俺にはない。

俺もさ、いろいろしたいんだけど、どれがいいのかわからんし。音楽に進むとかマジすごいよな。俺も昔はバレーの選手にあこがれたけど、でもそこで終わっちゃうんだよな。そのくせ今でもすごい未練たらたら。でもやってないけど。韓国語も高校生の時はムッチャ勉強したいって言ってたじゃん。なのに結局履修してない。どないやねん。英語だって結局は中途半端で、それも、でもしっかりやらなくてももういいか、って少し思ってきてる感あり。興味のあることは中途半端に切り上げる。これが知らずのうちに俺流になってて、マジださい。

初志貫徹とはマジでむずかしい。心変わりの多い俺だから余計無理。それに諦めてるつもりないけど、きっと周りから見たら完璧に諦めてるのかも。せっかくこないだまでやる気あったんだけど、勉強に身がはいらないとこを見るとそれは作り上げたやる気で本当に心のそこからわいてきたもんじゃなかったのね。残念。

今日何をしなきゃいけない、っていうのをムッチャ書いて付箋を貼って、見てるけど、多すぎて無理。絶対に今日中に終わりません。でも最近はしっかり睡眠だから、(今日も昨日夜の8時に寝て朝の4時に起きた)あんまし勉強してない。してないんじゃなくてやる気でないから結局違うことしてる。んで思いついたのがパソコンで勉強。これなら勉強してるけどまだましだし、何気にしっかりやれるし。遊びながらみについてる感覚。お前は小学生か。はい。。。

韓国人の軍隊いきもまた今頃だよね、また何人かいなくなってるんだろうな。多分。こう考えるとAPUに今誰がいて、もし俺が何か企画を立ち上げた時に誰が手伝ってくれるんだろう、、、と不安になる。俺今すごく蛍をとばしたいのに。。。環境問題を考えることにもつながるし、子供の教育の問題、親の問題、地域の問題、行政の問題といろんなことが一気に学べるし、生物の儚さだって学べるはず。実際俺が一番学ぶこと多くなりそうだけど。でもそれを「ほたるの星」を読んで思ってさ。やりたい。別府でもやれないかなあ。観光の新しい名所にもなる気がするんだけどなあ。ま、でも蛍は観光目的でも勉強目的でもなくて生きるためにいるんだけど。でも彼らの生を勉強させてほしいわけ。

ナショナルトラスト運動って知ってる?イギリスの湖水地方が開発の危機にさらされたときにその土地の美しさを壊されてはたまらない、という思いから3人のイギリス人が立ち上がり、反対運動を起こすのだけど、やはり土地所有者には何もいうことができなくて、開発されそうになるんだ。だってその人の土地だもん、何したってかまわんじゃんね。そこで彼らが思いつくのはその土地を買ってしまうこと。募金を呼びかけ、その土地の価値をしってもらい、住民たちを巻き込む大騒動になるんだ。そこおの土地の人たちだって自然を失いたくなかったわけ、思いはひとつだったんだね。おかげで買取に成功、自然は守られたんだ。でも今度はその買い取った土地を誰が世話するのか、が問題になる。そこで彼ら3人が立ち上げるのがナショナルトラストという団体。彼らはこれからいろいろな場所を買い取ったり寄付によってうけとったりしていくんだ。ってのも、彼らは国から援助されていろんな権利や特権をもつようになった。たとえばナショナルトラストの所有財産には税金がかからない、とか、所有権の引渡しの際の税金とかもたしか安くなったのかな、だから寄付する人も多くいたんだ。それからその団体が発展するにつれて、住んでいるままでも自分の家を寄付できるようにもなった。ま、そんなわけで、いろんなことがうまいことつながってすごいでかい組織になるわけ。環境保護の大成功の一例なんだ。それが広がって世界にナショナルトラスト運動というものができる。これは、つまりイギリスのナショナルトラストのように土地を買い取って、その土地を保護していく運動のことだ。ひとつの運動から、世界に広がりを見せていまやその名前も固有名詞から一般名詞化したんだ。

つまり、俺が何がいいたいかと言うとだな、笑、ほたる先生という実在の先生が子供と一緒にほたるを飼育することによって環境保護、その他いろんな問題に取り組んだように、この活動が全国に広がればムッチャいいと思ったわけ。その第一弾が映画の公開、そして文庫本の出版だったなら、これから第二弾は全国で蛍の飼育を始めないと。そう、これが俺の今したいこと。かな。笑 したいといっても、でもすごい大変だし。でもAPUの学生と、別府の小学生、中学生と。一緒になってやれる気はするんだけどな。わかんない。

ま、とりあえず何書きたかったか見えなくなってきたしそろそろダウンタウンに行かねば。とりあえず昨日はバレーボール楽しかった~~~。マジ疲れたけど。楽しかった。それにけっこうKyleとか、もう一人、ヨシュア?だっけ?なんだっけ、名前は忘れちったけど、とにかく、うん、話したからよかった。楽しかった。あーこんな風にしながら勉強にもおいつければ最高なんだけどね。笑

2005.1.30
Masaharu Shigematsu@Canada
太加士くるまであと11日★
今日が琉那の誕生日★
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-30 10:11 | kokoro no tizu
<< my parents and me kitanoya Guu >>