ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

泣いた

今日はじめて泣いた。

はじめて泣いた、って言っても今まで涙がでたことがないわけじゃない。
でも、今までは、イベントとかで頑張って泣いてた。
試合に負けて悔しくて泣いた。
ドラマとか映画とかで泣いてた。

初めて、リアルな世界で哀しくてないた。

おれは人を本当に好きになるってよくわかんなかった。
人を愛したことがなかった。
だからいつも付き合っても2か月も続かないような、そんな感じで、
そのくせ恋愛体質で、すぐ人を好きになったように思ってて、
でもすぐにさめたり、うまくいかないから、
もう人を好きになることなんてないと思ってた。
人を本当に好きになるなんてないと思ってた。

恋愛ソングの歌詞は
とっても素敵だけど、いまいちピンとこないし、
恋愛ドラマはうまくいきすぎだし、
失恋ソングの歌詞は
とっても悲しいけど、そんなもんなの?っていつもはてなだったし
人との別れもいつかどっかでまた会えるって思ってた。

でもそうじゃなかった。

人を好きになることは、とても素敵だけど哀しいんだ、ってわかった。
特におれはみんなと同じように恋愛ができないから、
余計しんどいんだって、23年間わからなかったことがわかった。
今日、本当ににそう思った。

最初は大丈夫だと思ってた。
でもむしょうになんか映画が見たくなって
お気に入りのmusic of the heartっていう感動映画を見てたら、
いつものように泣けてきた。
そしたら、
あいつのことが頭ん中にあって
涙がかわってた。

感動して泣いてたはずなのに、
哀しくて泣いた。
嗚咽して、泣いた。

自分でもびっくりしたくらい泣いたけど、
でもそれでもある意味感動だった。
おれ、まだこんな風に泣けるくらい、人間だったんだと思った。
楽観的でおちゃらけなはずのおれが、
まだちゃんと心を持ってた。

人を好きになることって、
俺にとってはとてもしんどい。
合コンとかそんな出会いじゃ好きになれないし、
だけど友達は好きになっちゃいけないなんて、
神様も不公平だよな、って思ったけど、
神様は俺がそれに耐えられるって思って、
こんなに高いハードルを俺に課したんだよね?
そうだよね?

決して死にたいわけじゃないけど、
何もかも投げ捨てたい、ってこういうことか、ってちょっと思った。

一人でいたくなくて、
いつもの友達に電話して、
ぜんぶ話した。
話しながらまた泣いた。

ちょっと気が楽になって、
疲れて寝たら、少し気が晴れた。

人を好きになりたい、ってずっと思ってた。
誰かにちゃんと愛されたいって、ずっと願ってた。
そうされてるって勘違いして、好きになって
傷ついたわけじゃないけど、辛かった。
それでも人をまた好きになりたいって思った。

親からの愛はたっぷり感じてる。
以前はないと思ってた親の愛を
最近じゃちゃんと感じれるようにもなった。
家族の愛を感じてる。
でも、
そうじゃない愛がほしいって思ってた。
友人にも恵まれてる。
みんながだめだめなおれのことを愛してくれてた。
たくさんの友達が俺に愛をくれた。
だけど、
もっと特別な愛がほしいって思ってた。


人間として生きていくなら、
その愛をちゃんと見つけたいって、思った。
まだ、俺にも人のことを好きになることができるなら、
神様、そんな愛をいつか俺にくださいますか?
神様?

泣けるなんて思わなくて
泣いた分、少し心が軽くなって、
泣いたから、いつもの楽観的な気持ちが少しわいてきて、
泣いたんだから、明日からがんばろうって思った。

この涙がいつか、
大粒の雨となり、
大地を潤してくれるように願おう。

この涙がいつか、
おれの将来のこやしとなって、
いつか俺に幸せをもたらしてくれると願おう。
[PR]
by canadian_dreaming | 2008-07-07 00:59 | kokoro no tizu
<< love beer say thank you >>