ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

カテゴリ:世界の歴史教科書博覧会実行委員( 10 )

歴史問題を考えた

土曜日にあったプレゼンはオレがずっとやってきた世界の歴史教科書問題に関してでした。

きっかけは、何かの形で留学生ネットワークの代表をしてる京大の人がうちらの活動を知って。その人自身、歴史問題などに興味があって、是非見たい、って思ってくれたんだって。それが去年のこと。今年に入って、その思いが実現し、今年の6月に幹事会が別府で行われたときに、実際にプレゼンだけだったけど、やらしてもらって。それでもっと気にいってもらって、今回のプチ博覧会とプレゼン、ディスカッションをする運びになった。

実際、まずその代表が2年間もかけてうちらのことを思い続けてくれて本当にありがたいな、と思った。それがなければ始まらなかったし。その誠実な思いが、オレもやる気にさせてくれたし。本当にいい経験だったので参加できてよかったし、誘ってもらえて本当に良かった。

次に。歴史教科書博覧会は、その名の通り、博覧会をする団体で、だからそのための準備として、翻訳活動はもちろんだけど、イベント団体みたいに、広報のことを考えたり、運営のことを考えたりしないといけなくて、そのせいでほかの活動はなかなかできなかった。今回、初めて教科書のプレゼンに対し長い時間質問をとって、ちゃんと答えることができて。見ている人がどう思うのかが、以前よりも手をとるようにしてわかった。たくさんの収穫。

そしてディスカッション。日本人多数とスーダン人、アメリカ人と中国人、そして専務と教授一名ずつによる総勢16人のメンバー。最初はどうなるのかわからなかった。歴史とはなんなんだ、っていう話、違いって何に対して何が違う、っていってんの?あなたはどう思う?歴史教科書問題(日中韓)どうしたら解決できる?とかいろんな議題が出て。最後のプレゼンにまとめてく段階でもたくさん議論があった。しかもミーティング終了後も、発表メンバーと有志が残って3時まで話し合いしてて。びっくりだったし、とても嬉しかった。

正直、APUでの活動にはもう限界を感じている。メンバー的にも集まらないし。でもなんか、こう、何か光を感じた瞬間だった。みんながそれぞれの意見をちゃんと言って、わからんことはわかるまで落とそうとする姿勢がとても新鮮だった。なんかオレが最近歳とってオーラが消えてたのはこの懐かしい「探究心」がへったことに由来するのかもしれない。でもちょっと取り戻したかな。

たくさんの「すごいよかった」をもらってたくさんありがとうって言った。感動してくれた人、こんな活動をやる学生がまだいたのか、って本当によかった、って言ってくれた人。この活動に対してかなり後ろ向きだったオレがいつの間にかとても前向きになれた3日間だった。

そして出逢えた仲間たち。尊敬できる先輩を久しぶりに見つけた。マジでかっこいいと思えた。こんな風になりたいと思った。憧れだったかも。心のキレいな人に会えた。自分の知らないことを悔やんで綺麗な涙を流すことができるあの人のあの純粋さが胸を打った。大きな世界に住んでる北海道の二人組。こいつらとは価値観とか考え方とかぜんぜん違うんだろうけど、ものすごい一緒にいて楽しかった。やっぱり楽しいっていいな、って思えた。わくわくした。

このワークショップの前にやる気マンマンだった就職活動へのやる気が、正直少しゆらいだ。歴史教科書のこの活動がなくなるのが悲しいと思えた。続けたいと。全国展開するまでは、もうちょっとやっていきたい、なんて思いかけてるけど。まあ、いつもの通り勘違いかもしれないし。もう少し考える。まだ時間はある。オレはマイペース。でもとりあえず来週には別府に帰ろうかな。遣りかけのことがたくさんありすぎた。それに航空券あるし。


とにかく全部ひっくるめていい3日間だった!!!
[PR]
by canadian_dreaming | 2006-10-31 02:51 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

プレゼン終了~~~

今日でようやくプレゼンの全日程が終了!!!

細かく話すと、、、
実際にお声をかけていただいたのは
全国生活協同組合連合会の国際連帯委員会と同じく全国生活協同組合連合会留学生ネットワーク幹事会の合同主催で行われた「わくわくワークショップ2006」というイベントでしたw
え?長いって?それオレのせいじゃありませんから。
簡単に言えば、全国にある大学生協の元締めと全国の大学の留学生のみなさんが一緒に日本について世界について考えるイベントであったわけであります。はい。簡単でしょ。
場所は東京代々木の国立青少年オリンピック記念センター?(正式かどうかよくわからんけど)ってとこで、金曜に始まって今日の夕方で終了というイベントでした。

一応、ゲストスピーカーという形で土曜の午前に全体の前で歴史教科書博覧会の活動とそこにある相互異文化理解への可能性の話をさせてもらって、実際の教科書と翻訳や愛・地球博で使った展示パネルなどでプチ博覧会もさせてもらったりして。

いろいろ実りの多いイベントで、休学中のオレには非常にいい意味でも悪い意味でもvaluable experienceでした。はい。とりあえずこれの報告はまた今度ということでw 今日は寝ましょう。
[PR]
by canadian_dreaming | 2006-10-30 01:28 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

月曜の夕立

はーい。
疲れましたー。
あっという間に時間がすぎさって、もう11時。4時くらいから休憩もはさみつつ、あっという間に6時間以上コンピューターとにらめっこ。疲れました、さすがに。けっこう面倒な作業たちが残っていてくれたので、本当に地味な作業ありありで。しかも英語化の作業も残ってたから、それを片付けないと。少しは英語に自身があると言っても、それはぜんぜんオフィシャルにだせるもんじゃないし、、、会話程度ですから。でもやるしかない、ってことで。今日友達のSムがみてくれるっていうから、急いでやりました、、、計5ファイル。一気に。そしてもう一個やることになってます、、、残りもまだあるんだけどなんかファイルが開けないということで、まあ今日はここまでにしようかと思ってます。大きさもとりあえず一つは確定したし。

やばいなー
マジで疲れた。肩が痛いです。でもちょっと今頑張っとかないとどうにもこうにもならないもんで。今まであんまし活動してなかったのでまあいいでしょう、ってことで。でもこれからあの悪魔のカナダへの電話が俺を待ってるかと思うと、、、しんどい↓↓↓
うまく伝わるでしょうか、、、電話って声遠いし。

ちなみに今日は久しぶりの夕立。
ザーって。
ザーって。
夏を感じる夕立でした。すぐにお日様でるあたりも夏だな。さー、もう少し頑張って夏をエンジョイできたら最高なんだけどね。でもまだ腹の調子が良くないという、、、。下してはもうないんだけど、いまだに腹が痛い。なんか、、、こう、、、なんとも言い表せない痛さ、、、。

痛いときと痛くないときがあります。
そろそろ1週間も過ぎたし、病院に行くべきか、、、。でもちょっと余裕がありません。明日の午前中にでもいけたらいこうかと思いますが。

さて、仕事も終わったことだし今からシャワーと食事です 涙

[PR]
by canadian_dreaming | 2005-08-15 23:54 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

月曜の昼下がり

今日は月曜。
ついに残り1週間をきってしまった。あっという間。とりあえず今日からマジでやばい。
時間がない。ってことで、生協の開店にあわせて教科書も始動開始。

今日はオブジェ。
オブジェのこと、ぜんぜんきまってないーーーって感じで昨日から動いたんだけどけっこうばたばた。どうなることやら。しかもけっこうみんなの意見が合わない、俺も含めて。最終的には形になると思うから、もう横から口は出さないことにして、次の話。

Kずえとワークショップの話。
これがまた面倒で決まらない。しかもKずえ途中でサンプロへ。
あれあれ。。。
ってことで、俺もレンタカーへと切り替え。レンタカー、、、1週間も借りたら高いよね、、、。どうしようね。どうにかなるかね笑

んで最後の一番でかい問題、壁1の面のパネル。どうにもまだ決まらない。むずかしいんだ、ここ。面倒くさいんだ、ここ。しょうがない。地道に少しずつやりましょう。他に比べたら少し遅れるけど。まだ間に合うし。

とりあえず、思ったのは仕事の割り振りが悪い。おかげで仕事してる奴としてない奴が少しでてきてしまった。何していいのか、わかんない。こんな状況で悪いのはその仕事がわからんやつもそうだけどリーダーの能力もあり。でもリーダーも今いっぱいいっぱいだからね。仕方ない。だから、みんな、ここはコミュニケーションですわ。とにかく聞いて。何していいのかわからんかったら、聞くしかない。



俺もかなりいらいらしそうになった。
ってかいらいらしてたw
で、煙草をいつもなら吸う、ってとこで
今日は我慢。

最近我慢を忘れていた気がする。
高校生とかなら、厳しい部活の練習に、くだらない高校の学則に、親からの目に我慢してたけど
大学生になって我慢すること減ってしまって。やりたい放題の自由の中で忘れてたものまたひとつ。我慢しよう。

よしよし、ほな仕事に戻ります。
また。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-08-15 15:49 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

8月14日

朝からハウスのアナウンス。
今日は停電でーす、って普通にいうな!!!まったく。
困ります。
全部きえちゃうから。
そんなこと、普通に住んでたらありえないのにね・・・。

ま、とりあえず。

12時から別府駅にて教科書のWSのミーティング。
濃い面子でした。
駅ビルの中の甘味茶屋?とかいうとこで。
したらおかんを発見!!!バイトしてたんやねー
でもなんでも来セメから休学でAUZに行くらしい。
いいなー楽しいでおいでな★ムッチャいいとこだから。
しかもこれから夏じゃん!!!最高じゃん★

さて、そこかなり混んでているにいられなかったので
場所を移して、駅前の商店街の中のお店へ。
名前は忘れたけど、いい雰囲気でなかなかくつろげた。
パフェとか久しぶりに食ったし笑
うまかったけど。

話もけっこう進みました。
それとともにやらないといけんことも山積み。
でも創立者の力はでかい。
まだまだオンブしてもらってる感じ、、、。
いろんなところとのコネクションがすごいんだもん。
あれを築きあげてきた、ってのがすごいと思った。

さて、部屋に戻って。

カナダの携帯の行方が気になって、
Telusのサイトにいってみたけど
やっぱりどうもうまくいかないから
電話するしかないみたいだ。
面倒だけどしゃあない。
ということで明日にでも国際電話カードを買って
どうにか交渉。でも
時差があるんだよね、だからこっちが昼間だと、向こうは、、、夜くらい。
面倒。

夜の1時くらいに電話しないと、、、。
国際電話のカードを生協に買いにいけるのが明日だから
明日の夜は1時まで頑張りますw

今日はその分はやく寝るか、、、。

[PR]
by canadian_dreaming | 2005-08-14 20:08 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

アホミーティング

昨日、久しぶりに歴史教科書恒例の終わるまでミーティング、通称アホミーティング(笑)が行われた。アホミーティングの由来は、だんだんみんながおかしくなってくるところから今勝手に考えた笑

あーマジで疲れたさーってのが第一印象。でも前よりも俺がやりたい博覧会に近づいたし、みんなも理解してくれてた(と思う)し、んで、教科書数も増えて、いろいろとだいぶはっきりしてきて、まーよかったことが多くていいミーティングだったと思う。

ミーティングの後、ようへいと二人でかっぱにいってきた。かっぱって連想するのはいつも行きたがってたますみのことなんだけど(笑)ますみはいないのでその分楽しんできました。やー24時間はやっぱりありがたいな。ミーティングでマジしんどかった俺の身体をしっかりリフレッシュ☆ようへいとはほとんどしゃべったことはなかったけど、でもなんか絡んでくる変な後輩でした(笑)でも話してみて、あーこいつはおもろい、と思って、今日温泉にきてよかったな、と思いましたね。まー教科書博に対する気持ちは微妙だけど、でも続けるって言ってるし、頑張ってもらおう★次はのみにいきたいな、と思ってます。あーアルコールが足りてない。

んでハウスに戻って、気づいたら爆睡してて、んで朝、12時30分。はい、おはよう。今日はリーディングもしないとだし、コペンハーゲンのこと調べないとだし、ゼミもまだ決めてないし、教科書関連のこともまだあるし、、、涙 昨日友達が蛍みにいこーっていってたけど、行くなら俺いきたいなああああああ。はあ。

そうそう、コペンハーゲンはね、今留学をまた考えてるとこで、交換があるんだ。だから。どうしようか、、、また考えます。あっさり考えます笑。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-06-18 12:45 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

終わった!!!

c0005699_17164157.jpg

終わった!!!

はい、今日どうにかプレゼンを終了しました、きてくれたみんなーありがとう。ホンマにありがとうね。リッツ14のみんなとこうして歴史教科書の話、出来てマジでよかった。ありがとう。んで、さっきどうにか履修登録終わりました。はーぜんぜんいいもん取れへんかったわー。でもまあしゃあないよな、うん。はあ。

プレゼンはじまったばかりの時はどうなるかと思ったけど、時間がたつにつれて、だんだん人も増えてきたし、それに内容も濃くなってきたし、だんだんわくわくしてきたんですわ。うん。とりあえず、自分のパートのとこをしゃべってるとき、なかなかうまいことはなせへんかったけども、でもまあ、どうにかこうにか。んで、そのあと里佳のパートに進んで、パワポをうまく使われへんっていう、、、。笑 間違えました。ドンマイ。笑

んで、KJ方式に進み、最初は静かだったけど、でもまあだんだんにぎやかになってきて、だんだん意見がでてきて、なんかものすごいいいKJ方式やったと思う。ブレインストーミングもムッチャ良かったし。んで、だいぶ出た後で、んでみんなでディスカッションをしてる時も、一人の意見の後で他の子が意見してくれたりして、マジ、うちらなしでもディスカッションを進んでる、っていう感覚で嬉しかった。みんな、いろいろ意見だしてくれるわ。

とりあえず、ま、たっちーのおかげでビデオも撮れたし、ホンマにありがたいし、里佳のどうにか頑張ってプレゼンもできたし、久しぶりに「世界の歴史教科書博覧会実行委員会」というのを直に体験しました。また、気を取り直して頑張りますわ。おう。

とりあえず、きてくれたみんな、ビデオかしてくれたたっちー、一緒にプレゼンした里佳、資料送ってくれたえみさん、感謝してます。ありがとう。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-24 00:16 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

最近

最近よーけ花川とメールしました。

いろいろとお互いまあ、よく頑張ってあんだけ長いメールをしたもんだ。俺らに拍手★
んで、まあ、結局どうなるのか、いまいちつかめんし、みえこたちの話し合いの結果をまたんことにはどうにもならんわけなんだけどさ、まあ、俺の意見としてはね、とりあえず、俺がどんだけ吠えようが実際に活動しちょるんはむこうなわけだし、俺が戻れるのは6月なわけだから、ま、そこらへん、考えると、まあ、しゃあないし、俺がいいすぎてもあれだなと。

まーまーどうなってるのか、よく見えるようにタイムマシンとどこでもドアがあればベストだけど、ドラえもんがいないから、俺ものび太君じゃないからなあ。ジャイアンならどこにでもいると、昨日韓国料理を一緒に食べにいった台湾人と話してました。ま、そこのレストラン最悪だったけどね。まじで。ぜんぜんおいしくないし、高いし、チップうるさいし。サックスでした。はい。

というわけで、まあ、とりあえず俺とりかのカナダ班はもうすぐあるプレゼンのために大忙しだった。先週もいっぱい考えて、今週もまた。まあ、頑張りましょう。この立命からきてる学生さんたち、みんなものすごい意見強いから。笑もう大変なことになりそうですけどね。はい。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-20 12:50 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

the World History Textbook Committee

Because some of my friends asked me what does the World History Textbook Committee do, I will write about it here.

Our committee basically correct a lot of history textbook from all over the world. Because in Asia Pacific University, there are bunch of people from other countries, we ask them to send to Japan, or bring it with to Japan when they return to their mother country. Then, with the help from those donators, we translate them into Japanese and English. Now, you are able to compare the textbooks even you cannot read the mother language. What is the benefit of being able to compare textbooks???

Well, first of all, you can see the diversity and variety of textbooks. Some textbooks are used for 10 yrs, that means the textbook will not be owned by one individual but owned by school. Some are very thick and full-colored.
You also are able to see the difference of discription in the textbooks. What you learnt is not necessarily what people in other countries would learn. Because each countries have different vew point to see the history, there will be different in its discription. Or, there will be the difference of writing amount for one event. It again depends on how the country was involved or how the country recognize it as important issue.
Now, if you know that there are a lot of differences between textbooks, what you can got from this knowledge??? Well, you have to think about what roles the textbooks carry. You have to consider the significant educational roles of textbooks.
Because it is the first academic book that you have and is the one teachers use, you will more likely to believe every discription and every stories on it. You might think that's everything happened in the world. If you learned WW2 from Japanese perspective, you might able to find many writing about atomic bomb. However, if you learned the same event but from different perspective, let's say China or Korea (those damaged countries by Japanese troops), there might be more discription about Japanese cruelty and you will find some emotional words.

Our mission is to create mutural understanding between people across the borders by giving the neutral resources which discribe one of the causes for creating differences. Because textbooks could be very viased and political, and the education is one of the key items to create your value structure, it will affect those reader of the textbook. This is what we considered most.

We, however, will only exhibit the textbooks and translations, and features of textbooks. We will not show any one-side idea for textbook as some organizaitons do. We have to be very newtral so that visitors can judge based on their culture. Having one particular idea wont make people think and it will be just thought control over the textbook issue. We do have idea, but still we need to study more and more since we also judge things based on what we learnt. APU offers great opprtunity in this point, because we have a lot of people from a lot of places who have different background.

So, I think you can understnad somehow what I want to do in Japan Hopefully... Now its time for me to work on the paper ...
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-11 12:00 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

history and textbook

えっと、田村様に今度ちゃんと歴史のブログ集にいれてもらえるように久しぶりに歴史教科書関連のことで書きたいと思ってます笑。どうか田村様~~~笑

んとね、まずびっくりしたのが、相変わらずいろいろあんまし決まってないんだね、ってこと。人事でごめんなさいですけど、あ、万博ってすごい前から準備してるイメージがあったのに、そうでもないのかな?って少し思ってる。それと、各国のブースみたいなものもあるんだーーーっていうの知らなかったから、なんかビツクリ。さすが万国博覧会。

でも俺が高校生の時にはこの万博の開催事態が環境破壊だとかでなんか企画が二点三点してたし、正直、いろいろ大変なんだろうな、と思う。そこまでしても万博を開くからには、まあいろいろな理由があるのだろうけど、いったい万博って、特に今回の万博ってどれくらい海外で認知度があるものなんだろう、、、明らかにオリンピックよりはないよね。笑 だったらオリンピックにあわせて同じ場所で開催すれば絶対みるのに、、、でもきっとそういう問題じゃないんだろうね。本来の目的を超えた利害関係があるんだろうね。学生サミットの開催地を巡るバトルとかもあるらしいので、やっぱ開催国、ってのはすごく大事なんだろうな、マネジメント的に。Sだけ勉強しててもその辺ちょっとピンとこないのがたまにきず。

さて、万博の歴史のブース、ムッチャ興味だけあるけど、でも時間的にも距離的にも、しかも本番だけならみにいけるかとも思ったけど、日程的に多分また無理かなあ。残念。ふにゃあ。

でも最近俺の仲で疑問なのは、歴史教科書と歴史認識と世界平和の関係って、マジ宙に浮いてるのね、俺の中で。んでさらにいうと、歴史教科書と歴史認識のつながりも、たしかに教科書で学んでるからってのもあるだろうけど、それよりももっとメディアとかそういうものが最近は影響力が強いと思うんだよね、あとゲームとか。映画とか。そういうものの作り出すステレオタイプとか?の方が俺は興味あるんだよなーーー最近。

教科書のことって俺は実際そこまで覚えてなくて(勉強してないからね笑)。それと、なんかレイシズムってなんだかんだいっておもしろいらしいのね。なんか、ギャグのネタ?みたいなもんじゃん、って。直接本人にいうとかじゃなくて、なんかある人種のステレオタイプをおもしろ半分で話すとか、よくあるみたい。でもそれはそれを真実として考えてるわけじゃないわけ。だから実際たとえば日本人へのレイシズムで笑ってても実際日本人の友達がいて、別にそんなこと思ってない、とか。うーん。それに今カナダでは20年くらい前のビートたけしの番組やってて、それを日本だと思ってる、とか。笑えるんだよねーマジ。多分カナダは、特にバンクーバーは人種が本当に多いから、そうなるのかな。逆に白人も、白いのを馬鹿にされる、みたいなことをいってたし。なんてったって中国人の数が本当に多いんだから。

そんなこんなでわかんないわけ。じゃあこの人たちにとって、そういうレイシズムを含んだ発言がすべて相互理解に結びついていないのか、というと、実際口にすることと思ってることは違うから、ちゃんとお互いのこと、理解してるわけね。理解してるからそんなこといってもお互い笑えてるらしい、(俺が話した人は、ね)。

学校教育の影響力ってどこまであるのか、わからない。たしかに大きいような気もするけど、バンクーバーみたいにともだちが普通に白人、黒人、黄色、、、ってまざってたら、別になんも感じないで、ただの友達、で済まされちゃうけどなあ。実際、そうなってるわけだし。

ただ、俺のともだち今オーストラリアなんだけど、小さな小島?にいるらしくて、そこにはあんまし移民がいないんだって、だからレイシズムがあるって言ってた。けっこう衝撃でした、、、。そうなんや。よくわかんない。世界は広すぎて。うちらの活動は日本人対象とか、そういうのじゃあ、ないはずだけど、なんか、アメリカとか、カナダとかに住んでる人で、本当に普通にくらしてる人がみたらどう思うんだろうなあ。

うちらのゴールって、すごく曖昧だから、見失いそうになる。正直見失ってる。だってどうしても結び付けられないから。口ではいくらでも言えるし、納得したようにも思えるんだけど、でも頭と心じゃまったく。もっと勉強が必要です。すごく素敵な活動だけど、翻訳の展示だけが効果的か、というとこにも疑問がある。あーでも学生って時間が限られてるんだよね、やだやだ。神様、ちょっとだけ時の部屋に行かせてください。笑 でも老けたくないけど笑

2004.12.19
Masaharu Shigeamtsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2004-12-19 10:11 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員