ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

カテゴリ:kokoro no tizu( 49 )

Dear My Friend

Dear My Friend

I know how it is like to have trouble with your friend who used to be the best friend with you.
I know how crucial it is gonna be to undergo such time when you and your friend are not sharing good time together.

I know.

BUT I think you have still chance to fix it. Yes you have. You definitely have the chance to re-have good relationship with your friend, so... dont be depressed and try to take that chance. You might be afraid to fail again, fail to fix the relationship, but it is more likely to have possiblity to try again rather than just sitting there and thinking of it.
You know what, the relationship is diffucult to make and easy to break. When break, it is so difficult to make it again. Your relationship with your friend should have tied very tiny point. It is more likely to be cut off.

BUT

You have chance to make it thicker now. You know why? because there is no reason to be separated. I am also worried if you failed to fix it and you got hurt again, but... its really up to you. I can help you.

Go for what you believe.
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-04-04 00:50 | kokoro no tizu

melancholy...

it has took me so long to write here...

recently my all passion are gone.
for anything, i don have any motivation to do things which, however, i have to have done.

my anthro midterm came back to me and that was terribly terrible. i never got such a terrible mark... omg... i am most likely to fail this class, as well as econ...

i am having really difficult time now in Canada... this is like when in winter vacation... so horrible. I cannot manage it. Let it be? no way, it wont. it just make me think and think, give me crucial time, thats all it brings to me.

after giving up to stay in Canada two years, i kinda lost myself and could not find it again... it was not because i gave up, but more like i could not find any other things to do in Canada... i could not find any point to study, stay, live in Canada.

i think strongly that these are all because of one thing. i know it. BUT its not something i can write here.

i am so weak. i am so small. but cannot handle it.

i am such a person, i know.
c0005699_17202690.jpg

[PR]
by canadian_dreaming | 2005-04-01 00:00 | kokoro no tizu

人は悩む

人は悩む。

人は考える。

だから人なんだと思う。


人間が考えることを失えば人間でなくなり、

人間が悩まなければそれは思想という観念の廃止である。


人が考えるのは人であるゆえ、避けられず、

人が悩むのも人が人である証拠。


人間らしく生きよう、だから考えよう、悩もう。


人間であることを誇ろう。

と同時に人間であることができるのはなぜか考えよう。


私たちの存在を可能にしている全てのものに感謝しよう。

そして尊敬しよう。


生んでくれた母父、

共に過ごしてきた家族兄弟、

支えてくれる仲間、

そしてこの地球を。


いとおしいと思う、

愛する心。

ありがとうといえる、

素直な心。

すまなかったと反省する、

省みる心。

自分本位にならない、

相手の心を考える心。


さあ、かんがえよう、地球に生きる人間として、

地球に生きる多くの生物たちとともに

共にいきていくために

わたしたちがすべきことを。


心に太陽を

あなたに微笑みを

地球に愛を

そして自分には誇りを
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-17 13:54 | kokoro no tizu

1 month left in Canada

first of all, thanks guys who left some comments to me. every words are so warmful that I am now really happy to see these.

As I decided, I am going back to Japan.
This is really not what I was planning. In my plan, I was supposed to be in Canada in September again and study at UBC. I was supposed to be more friendly with those friends I made in 1st year, and I was supposed to live in Gage, I was supposed to speak English more than I spoke in 1st year, and I was supposed to enjoy UBC and Canada one more year.

But I decided not. This is what I decided by myself.
This is what I chose, not anyone.

So, I started to re-think about my life in Japan from this coming May.

That's so strange for me still, but I am very positive to do so.
Although there might be some difficulties, I think I can overcome.

Last night with Goh and Yoko, I talked about things we are concerning now; future carrer, things to do in univ, things to think, and "now". We talked too much actually, it was almost 1 am when finished to talk and back to study, but that was worth doing so.
Even I had an exam of ANTH, it seemed not big deal for me at that time ( reality was different from what I thought tho...)

I guess I have to enjoy myself in the rest of days in Canada since I only have approximately 1 month left...
yes I have to. this is what i havent done yet in Canada and things to do now. "enjoy myself" doesnt necessarily mean going out or travelling but sharing prescious time with prescious friends in Canada.

So, I guess its time to study for ECON exam!!!

2005.3.9
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-09 19:45 | kokoro no tizu

decision-making「辞退」

(English is below)

今日、人生で一番悩んだ結果の答えを出しました。
みんなにはいろいろと相談に乗ってもらったし、ホンマに助けられました。ありがとう。
みんなの存在に勇気付けられ、自分らしい答えを出せたと思います。

結論は、「帰国」です。

ホンマにいろいろと先週から考えました。
どうしたらいいのか、わからなくて、いろいろ悩んで悩んで考えて考えました。
みんなの意見に左右されそうになりながら、それでも自分の道を振り返りました。
俺が歩んできた人生はいつもこんな感じでクネクネしながら、決して一本まっすぐにはこなかったと思います。いつもどっかで悩んで後悔して、いつもうだうだしてました。
今回、そんなことはしたくはなくて、ホンマにとことん悩んだと思います。
これほどまで、そして出した答えが「帰国」でした。

それは、俺が今、したいことを見つけたから。

俺は、「歴史教科書博覧会実行委員会」を軌道にのせて、そして日本中に、世界中に活躍するような団体にしたい。できるなら、そしてしたいけど、企業化もしたいと思ってる。
この気持ちに気づいたのは、昨日、りかというこっちに一緒に留学してるメンバーと二人でこれからの歴史教科書について話し合ったときだった。俺、すげえフラストレーションだった。ムッチャああしたいとか、こうしたいってのを思いついて、んでやりたいことがあった。俺は今まであんましちゃんと考えてなかったけど、でも今度の万博は俺の中でも、教科書博覧会にとっても一大行事。これを逃しては世界に飛躍するチャンスを逃すと思った。そしてそれをしっかりやりたいという思いは前々からあった。でも、昨日、俺はさらに気づいた。俺はもし成功したとき、カナダからその活動を見守れるのか。俺は、自分の手でみんなとこの団体を成長させたい。これから先もコアメンとして頑張りたい。

まだまだ不安はあるけど、これは俺にとって今までで一番でかいカケだと思う。俺はこれにかけてる。そう、かけることにした。かけるだけの価値はだいぶ前から見出してる。俺はこのサークル、すげえ可能性を持ってると思うから。だからその可能性を信じたい。それがAPUである理由。そうだと思ったから。二年目に残るとはやくても一時帰国できるのは7月の頭になることも発覚して、それも悩みの種だった。

今日、瀬戸さん(こっちのコーディネータ)と一緒に2時間くらい話をして、やっと決心がついた。

ちゃんと、正式に文章にて、辞退を表明してきた。

というわけで、俺は俺の「今」にむかってつきすすむことに決めました。俺の「今」を決めるのは俺だけだから、俺が俺の今のために頑張ることにしました。まだまだ未練がないといわれるとそれは嘘になるだろうけど、それよりも、俺はこの「歴史教科書」に魅力を感じるし、俺は俺の可能性を試したいと思ったんです。俺の人生初のカケ、俺のいっちゃん大きい決断、そして俺自身の限界への挑戦をどうか、みなさん、見守ってください。

私はここに二年目プログラム「辞退」をあらためて表明します。


Today, I finally came to conclusion after a lot of hair pulling out.
Everyone helped me a lot, and every pieces of suggestion, adivice, and comments made me strong, really. Thanks so much.
I think I can make my own unique decision thanks to all of you guys.

The decision is "going back to Japan"

With having interview, I thought and thought about myself and with having result, I thought more about myself.
I was kinda lost myself, didnt know what to do, what to think.
I asked people around me what to do, and they gave me some suggestion. Sometimes I was swayed by these, sometimes not.
I searched my way, and I looked back how I have been lived until now.
My life was always not straightward, sometimes swayed, but anyway, my way was meandering. Always I was indicisive, I fussed so many times over small things, and I always regretted what I did.
I, I really didnt want to repeat this way, and that's why I thought so much about this decision, and I came to "return to Japan".

Because that is what I want to do now.

I want to make the "World History Textbook Committee" be known in all over the Japan and even in the world. I want people know about our activities, our missions, and want people to understand the difference of the world through the textbooks. I even hope to corporatize this committee.
I noticed this ambition when I talked to Rika, one of the committee members, about upcoming event "World Expo in Aichi". I noticed myself so frastrated when talking about the committee because I cannot do anything in Canada and still want to make action. Actually I never thought about it in depth, but I was only sure that the "World Expo in Aichi" is so big event for me and for us. We cannot miss this great opprtunity to appeal to the world about our activities. Otherwise, I thought we cannot do so anymore, anyhow. I thought this is kinda last chance for us. (maybe not really last chance, but could be last chance)

I also noticed myself really not sure about the next step of our committee. I mean, if successfully we can make expo well, and what do I think after that??? I think I want to continue the work in Japan, since I cannot do so in Canada. Then, I came to the idea of going back to Japan.

I have so many worries about myself and our committee. I think this is huge gamble for me. However, it is worth gambling, I believe. I am gamblig, yes, this is the first gambling in my life. I believe there is great potential in this activities we are doing now, and that's really worth gambling. I want to believe this posibility, and that's the reason for my going back to APU(Asia Pacific University where I was).

It would be the beginning of July to go back to Japan if I participate in the second year program. That also bothered me. Thats too late.

Today, I talked to Seto-san (the cordinator of our program) for 2 hours or so, and I made decision.

So, I decided to go ahead to my own "NOW". That is only me who can decide my own way, and it is me who go that way, and I decided to go forward to now. No more thinking about my future, I will work on what I want to do now. It will be lie to say I have no lingering affection for staying in Canada, but rather I am interested in the "World History Textbook Committee" and I want to challenge to myself, my ability and my possibility.

Please just see how I will deal with my huge gamble, my biggest decision, and my challenge to myself, and be there as you are now.
Feeling you guys, and I can be more and more stronger.

I am announcing here again my declination of second year program.



2005.3.8
Masa@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-08 17:20 | kokoro no tizu

もうしばらく、悩み続けます

なやんでます、まだまだ。
もうしばらく、悩み続けます。

実はこの2年目に残るプログラムには、面接があって、こないだのブログを書いた日に面接をしました。その結果で14人の応募者の中から4人だけ落とされて、10人だけが2年目に残れるんです。そういう状況の中で、俺は面接を受けて、もちろん、面接では下手に実はまだ、日本に帰るか悩んでるんです、とか言ったら100%落とされるから、そこはうまいこと、やったんです。なんかいかにも俺はムチャムチャ残りたい、それしか俺の頭にはない、みたいな。それがこないだのブログを書くきっかけでした。そんなことないじゃん。面接して益々どうしようか、という気分になったんですわ。だって、あんだけいっときながら、ホンマはどうしたいか、まだ決心ついてないのに、その中で4人落とされる、とかって、もし自分より頑張ってる人がおったら、その人おっこったらどないすんねん、って話やろ。だから俺は辞退も考えたけど、弱い俺は、alternativeを減らしたくなくて、なんか、捨て切れなくて辞退できひんかった。

んで昨日結果が出た。受かってた、とりあえず面接には。
嬉しいような、なんともいえない心境。落としてもらえればなんも考えんですんだのになーなんて思いつつ、でも、それはそれで嫌だろう、ととりあえず思ってた。授業を途中で抜けて、お茶漬け食べたくて、友達の所へいってたから部屋に戻ったのは、11時過ぎ。それから剛から電話がきた。えて

「まさ、受かった?」
「うん」
「そっか、おめでとう」
「あ、ありがとう」
「・・・」

なんか、いつもの剛らしくなくて、つい聞いちゃった。
「他の子どうか知ってる?」「○○○は?」
「俺の口からはいえない」

これって、あきらか、その子は落ちたってことでしょう。剛君、隠すのへたくそだから、もうわかってしまったんだ。でも最初に俺が聞いた子は、どうしようか、最後まで俺と同じで悩んでた子で、だからなんともいえなかったけど、でもだからって、同情、っていう感情でもなかったんだ。んで、そっから、別に普通に、卒業式実行委員のみんなとメッセをして、んで最後に景太にだけ、面接を通った報告をした。景太ムッチャ喜んでくれてて、俺もなんか嬉しくなった。

でもそのあとだった。

ある子がメッセで話しかけてきたんだ。そいつは俺の何倍もいつも試験とかの勉強やる子でさ、んで、俺は絶対そいつは受かると思ってたから、なんも思わずにウィンドウ開いたんだ。

「まさ、おめでとう。俺は落ちた、頑張れよ。」

え?何これ。何で???わからん。何言ってんの?なんで落ちるの?それはないだろ、、、。え?え?え?もうわからんかった。んで、景太にメッセして、相談した。俺、どう反応したらいいかわかんなくて、向こうは俺が受かったの知ってて、でも向こうは落ちてた。どうしよう、なあ、景太。どうしたらええん?聞いた。聞きまくった。景太も困ってた、でもこういった。

「厳しいけど、あいつは落ちたんや」

俺、これ見てすぐオフラインにしてた。無理だった。そんなん受け入れられんかった。泣いた。悔しかった。どうしていいかわからんかった。なんでかわかんない。なんで俺よりも頑張ってる奴が、落ちたん?あいつは一度も日本に帰りたいなんていわないで、弱音をはかずに頑張ってた。いつでもあいつが俺の目指すとこだった。あいつくらい努力しなきゃ、あいつが頑張ってるから俺も頑張らんと。あいつが、あいつが、、、。

なんで、なんでだよ、を連発したあげく、どうしていいのか、まじでわからんくなって、とりあえず、シャワー浴びて、んで部屋に戻った、けど眠る気にも、勉強をする気にもならなくて、んで、金八先生と、ヤンキー母校に帰る、を見てなんか別のこと考えた。5時になるとさすがに眠くて、もう次の日の授業は出なくてもいいか、と思ってたし、とりあえず寝た。

何回か授業に間に合う時間にも起きたけど、今日はもうやめよう、と心に決めたので、行くのはやめて、部屋でゆっくりして、もっかい考えたりしながら、とりあえず卒業式のやつで、オフィスへ。Sheriと相談して、んでそこから図書館に。したら、ばったり芝と遭遇。芝と話してるうちに、また泣いてしまった。これは不覚だった。ただただ悔しくて、ぜんぜん、なんか、アホみたいだったけど、女の前で泣くとか。でも目が涙でいっぱいだった。

でも、俺は思った。
俺ってつくづく卑怯だな、と。

自分は受かってるのに、友達が落ちてなんでないてるんやろ。同情でもしてるつもりか?自分の中で気持ちが固まらないなら最初からApplyせんかったらええやん。そこでアプライしてる時点で俺は選択肢を減らしたくなかっただけ。その前にちゃんと考えろっつうの。お前の勝手で勝手に泣いてんじゃん。最悪だな。そういうのがわかってて、それでもやるとか、ありえない。思い返せば、結構人生の中でそんなんしてきたなーとも思うわ。この留学決めるときも、アメリカン大学とUBCと併願して、んで両方受かっていい気になってんの。自分の中に決められないことがあると、いつもとりあえず選択肢だけは残しとくんだ。んで、選べるようにしてる。どんだけ、お前は偉いんだよ。

と、まあ、こんな感じで自己嫌悪。でもそれが俺のしたこと。そうだろ?自分でやっといて、自分で勝手に泣いてるなんて、卑怯すぎる。ただ、でもホンマに悔しかった。あの子、落ちるなんて思ったことなかったからさ、それに俺の二年目はいつもあの子がいる想定で考えてたから。ま、これも俺のエゴなんだけど。俺のエゴで勝手に俺の二年目の生活に入れられてても困るわな。

んで、今、なんか俺の雰囲気は「俺が今出来ることは、とりあえずがんばりぬくこと」ってなってる。もちろんそいつらに恥じないように、でもそれは建前のかっこつけの言い訳で、本当は自分を成長させたいからかな。今、なんか、もうこうなったら、絶対に辞退なんて無理だよ、っていう雰囲気あるんだね。実際俺も無理だと思うわ。ってか、万が一俺が辞退しても、他の誰かがいけるか、というとそうでもない気がする。

でも、だからってじゃあ、「俺は残る」っていうのは、実に主体性に欠ける。ここまできたら、もう引き下がれねえし、いまさらかっこ悪い。どっちにしても、俺が出来ることは、正規科目2科目突破して、権利を掴み取ること。ライバルが友達じゃなきゃ、ここまで考え込まなかっただろうけど、入試を考えると、こんなん当たり前のことか、とかちょっと思って、気持ち楽にして、ま、でもそれとこれとは別だから、ちゃんと重く受け止めて、どうにかこの先、「顔晴れる」ようにしていこうと思ってるとこ。

実際、こないだのブログでムッチャ日本に帰ってやりたいことあるんだ、みたいな書き方だったけど、実際、それも逃げなのかな、って思うとこもなきにしもあらず。Kashがあんだけ激しくいってくれたのも嬉しかったけど、景太がムッチャ俺の気持ちを理解してくれたのも嬉しかった、んでたいら、みちこさん、ようこ、なる、まほがわざわざメールくれて、はなえ、もちこ、ともひさ、まゆ、こずえ、プケちゃん、ちょうさんがコメントを残してくれて、まじで嬉しかった。こんだけみなさんから助言いただいて、嬉しい限りです。ただ、俺はその助言を鵜呑みにできないので、みんなからもらったメッセージ、一個一個、大切にして、それを俺の中で確認しながら、俺がこれからどうしていくべきなのか、を考えたと思います。大半は、日本に帰ったら?って感じだけど、それまだ決めかねるこのしこりの残る状況では帰れないだろうし、どうせ万博で2ヶ月くらい日本に帰るし。カナダ、という異国の地でこんだけいろいろ真剣に悩んで、これだけ人間として考える機会があって、よかったな、とつくづく思ってます。成長、できてるんかな。

こうやって、考えてると、どうやらまだまだカナダでもできることはあるのかな、とも思える。バドミントンもバレーも別にやろうと思えばカナダでできる。企画がしたい?そういうのも、トライしたらええやん。景太とこないだ話したときに、俺の中にある邪魔なプライドの話もしたけど、俺のこの邪魔臭いプライドをそうにかするには、やっぱこういう新しいもんが周りにあふれまくってるとこのがええんやろうかね。

ま、でもrushするにはまだはやいと思うし。とりあえず、俺はこの面接とその結果、を踏まえた上で、さらにもう少し考えることにします。ホンマにみんなありがとう。来週がいきなりまた中間テストなので、ちょっと本腰入れなおして頑張ります。

俺はまだ負けてないし、諦めてない。
俺の人生これから勝負。

2005.3.2
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-02 10:11 | kokoro no tizu

助言ください。

これを読んだ人、助言をください。

もう一人じゃ考えきれません。

今、俺はカナダに残るべきなのか、それとも日本に帰るべきなのか考えまくってます。おかげで勉強できません。俺は別にカナダに残ってこれがしたいということもなく、英語を将来使いたいのかといわれると将来像のない俺には答えも見つからず。日本に帰ったらしたいことはあるけど、カナダに2年間も残れるチャンスは少ない気もします。でも見えない将来のために、なんとなく英語勉強した方がええやろ、という気持ちで残ってもどうやろう、と思うわけだし。

正直、留学はずっとしたかったけど、でも今はなんでそう思ってたのか、っていわれるとただかっこよかったからかも、なんて思うし。その頃は海外で働きたかったけど、最近はそれもどうかと思い始める始末。留学してみて、まだ自分のやりたいことが見つからないままでしたところで勉強にも身が入らず、やっぱしたいことなら出来るんだろうな、と友達を見てたら思いました。俺のしたい勉強がなにか、それを探しにカナダに着たけど、結局、それを見つけるにはいたらず、でもこのままカナダにいても、それが見つかるかはわからないし。

日本にいたらこないだ書いてた蛍もやりたいし、歴史教科書もやりたいし、バレーとかバドミントンもしたいし、バイトして金もかせぎたいし、APUでもいろいろイベントしたいし、こうやって考えてると、じゃあなんで日本に帰るという選択を選ばないのか、という感じになる、んだけど、多分一番ひっかかるのは、最初の最初に二年残る、って決めたからこのプログラムで来てるわけやし、それにこんなチャンスは滅多にないからやと思う。でも、、、。

こんな感じでむっちゃ優柔な僕は、なんも決められません。どうか助言してやってください。喝を入れてやってください。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-02-26 10:11 | kokoro no tizu

my parents and me

成人式を終えて
 成人式を終えた今、私は「ありがとう」と言ってくれたみんなに「ありがとう」をお返しします。まずこの式の企画から運営まですべてをやってくれた成人式実行委員のみんなには本当に感謝のつくすところはありません。カナダに来るまでは、日本で成人式を迎えられないことが悔しくてなりませんでした。でも、1月9日、会場へ足を運んでみると、そこには飾りつかられた部屋と「成人式」と書かれたたて看板、そしてみんなの「おめでとう」がありました。T君からのお祝いの詩も、それに答える形となったAさんの答辞も、とても胸を打つものでした。会は進み、中盤は笑いありの企画。しっかりと準備したことを思わせる手際のよさにただ驚き、ただ楽しませてもらいました。そして会は終盤に近づき「成人の主張」というコーナーに。そこで行われたT君とお母さんのやり取りを聞いて、私が驚いたのは、高校の頃の進路の話を祐一君がした時、お母さんもそのことを気にしていたということです。私も進路は悩み、今でもよくいろいろと思うものですが、それを親が気にしているとは少しも思いませんでした。祐一君のお母さんはその後、他のお母さん方に子供のやりたいようにやらせてあげるのが一番だ、と言っているそうです。言葉がでませんでした。Iさんとお母さんのやり取りもまた、感動的でした。「お母さん、私を生んでくれてありがとう」「涼子こそ、生まれてきてくれてありがとうね」まるでドラマみたいだったけど、すっと心から出た言葉だったのだと思います。この時思ったことは言葉にするとうすっぺらいので辞めておきますが、みんな一緒だったのではないかな、と思っています。
 私はこれまで自分が生まれた事がどれだけ両親に影響したのか、などと考えた事はありませんでした。むしろ自分が両親から受けた影響ばかり考え、よく文句したものです。しかし、私が生まれたことで、両親の人生も大きく変わったのだ、と思うと、それがよかったことだと思ってもらいたいです。私と両親は滅多にまじめな話はしません。特に母とはいつもたわいもない事ばかり話します。何を考えているのかなんて少しもわかりません。多分体重と肌のことくらいでしょう。そんな母に、私が生まれてきて良かったと思ってもらえるにはきっとその手伝いをしたらいいのかと思いますが、そんなことよりも私は私のやりたいことをやりたいと思います。親孝行はしたいけど、敢えてやるものではないと思っているし、敢えて出来るものならもうやっています。親孝行なんて口でいうほどきっと簡単じゃないと思うからです。今のところ、私は両親を振り回してばかりです。突然実家の千葉から大分の大学へ行くと言い出し、さらに今度はカナダにいる、私の兄弟でも私だけがこんなです。それでもいつも「あなたのことだから」と言って、たいした助言も言ってはくれません。放任主義のようなそれが母なりの思いやりなのだと思っています。だから私はその気持ちにしっかりこたえたいと思います。自分が満足できる人生を歩みたいし、それが私のできる最高の親孝行だと思っているからです。ちなみに父はなかなか私の教育に関わりませんでしたが、父が私の大学入学の際に送ってよこした手紙がいつまでも忘れられないので、それを紹介して終わりたいと思います。あ、ちなみに家族のみんな、帰ってからこの作文のことで俺をからかうのはやめて下さい。(笑)

勉強しすぎるな、遊びすぎるな、頑張りすぎるな。
何事も過ぎるのはよくない。

でも諦めるな。



以上、今回てらけんに頼まれて書いた作文、「成人式を終えて」でした。笑 なんでも親に配る用の新聞に載せるらしい。こっぱずかしいけど、けっして口では言えないのでちょうどいいチャンスだと思ってかきたくってやりました。笑 おとんとか、マジあんまし俺のやることに意見したことないんだけど、でもま、こうやってしっかり俺のかんがえの中にははいっとるぞ、という。ま、親父らしいといえばらしいけどな。
今日は今バドミントンを久しぶりにしたんだけど、マジ体が動かない、、、泣きそうでした。で疲れたから今からシャワー浴びて、メシ食って、授業でて、多分リッツでお勉強かな。はい。今は昼の2時。

2005.1.31
Masa@Canada
Tがくるまであと10日?
今日で最後の一月。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-31 10:11 | kokoro no tizu

going my way

最近また英語で書くことの価値を見失ったので、日本語で書きます 笑 それに今日の書きたいことは日本語じゃなきゃかけない。

ま、でもその前にToday my pretty pretty neice(spell correct???) will be 1 yr old!!! Happy Birthday my Luna~~~!!! I am so happy that u became 1 yr old. I am so sorry that I cannot say it directly to u, but Masa-ni-chan will be back soon to celebrate ur birthday later. kakaka

よし。姪馬鹿ぶりを発揮したとこで。
今日友達の突然(俺にとって)ロス行きを知った。どうやら音楽関係の学校に1年いくらしい。違う友達もイギリスに行くということをメーリスで知って、どういうことなのか今聞いてるとこ。違う友達は万博のために休学した後、留学をするといううわさ。また別の友達はインドネシアに留学が決まってるし、あと台湾にも一人、あとタイに2人、京都の立命館大学へ1人、休学が1人、、、。こうやって考えるとムッチャいろいろなとこにみんなが散ってくんだと感じた。俺も実際たぶん去年の秋に、そうやって思われていた人の一人だろうけど、そう思うと、人間てマジ自分の道を歩んでいくもんだな、と思った。多分大学の時点でこんなにアホみたいに(笑)海外や別の場所へころころ移動するなんて珍しいのだろうけど、でもマジでみんな自分のやりたいことに向かってるんだろうな、と思う。特に俺がすごいと思うのは、英語の勉強じゃないことをしにいく人たち。だって英語って言ったらシュウカツの必需品みたいになってるから、就職に有利なことは間違いないじゃん。それが目的であろうがなかろうが、とりあえずきっと便利。でも他のことってさ、けっこうカケなんだよね、俺にとって。そのカケが出来る勇気が今の俺にはない。

俺もさ、いろいろしたいんだけど、どれがいいのかわからんし。音楽に進むとかマジすごいよな。俺も昔はバレーの選手にあこがれたけど、でもそこで終わっちゃうんだよな。そのくせ今でもすごい未練たらたら。でもやってないけど。韓国語も高校生の時はムッチャ勉強したいって言ってたじゃん。なのに結局履修してない。どないやねん。英語だって結局は中途半端で、それも、でもしっかりやらなくてももういいか、って少し思ってきてる感あり。興味のあることは中途半端に切り上げる。これが知らずのうちに俺流になってて、マジださい。

初志貫徹とはマジでむずかしい。心変わりの多い俺だから余計無理。それに諦めてるつもりないけど、きっと周りから見たら完璧に諦めてるのかも。せっかくこないだまでやる気あったんだけど、勉強に身がはいらないとこを見るとそれは作り上げたやる気で本当に心のそこからわいてきたもんじゃなかったのね。残念。

今日何をしなきゃいけない、っていうのをムッチャ書いて付箋を貼って、見てるけど、多すぎて無理。絶対に今日中に終わりません。でも最近はしっかり睡眠だから、(今日も昨日夜の8時に寝て朝の4時に起きた)あんまし勉強してない。してないんじゃなくてやる気でないから結局違うことしてる。んで思いついたのがパソコンで勉強。これなら勉強してるけどまだましだし、何気にしっかりやれるし。遊びながらみについてる感覚。お前は小学生か。はい。。。

韓国人の軍隊いきもまた今頃だよね、また何人かいなくなってるんだろうな。多分。こう考えるとAPUに今誰がいて、もし俺が何か企画を立ち上げた時に誰が手伝ってくれるんだろう、、、と不安になる。俺今すごく蛍をとばしたいのに。。。環境問題を考えることにもつながるし、子供の教育の問題、親の問題、地域の問題、行政の問題といろんなことが一気に学べるし、生物の儚さだって学べるはず。実際俺が一番学ぶこと多くなりそうだけど。でもそれを「ほたるの星」を読んで思ってさ。やりたい。別府でもやれないかなあ。観光の新しい名所にもなる気がするんだけどなあ。ま、でも蛍は観光目的でも勉強目的でもなくて生きるためにいるんだけど。でも彼らの生を勉強させてほしいわけ。

ナショナルトラスト運動って知ってる?イギリスの湖水地方が開発の危機にさらされたときにその土地の美しさを壊されてはたまらない、という思いから3人のイギリス人が立ち上がり、反対運動を起こすのだけど、やはり土地所有者には何もいうことができなくて、開発されそうになるんだ。だってその人の土地だもん、何したってかまわんじゃんね。そこで彼らが思いつくのはその土地を買ってしまうこと。募金を呼びかけ、その土地の価値をしってもらい、住民たちを巻き込む大騒動になるんだ。そこおの土地の人たちだって自然を失いたくなかったわけ、思いはひとつだったんだね。おかげで買取に成功、自然は守られたんだ。でも今度はその買い取った土地を誰が世話するのか、が問題になる。そこで彼ら3人が立ち上げるのがナショナルトラストという団体。彼らはこれからいろいろな場所を買い取ったり寄付によってうけとったりしていくんだ。ってのも、彼らは国から援助されていろんな権利や特権をもつようになった。たとえばナショナルトラストの所有財産には税金がかからない、とか、所有権の引渡しの際の税金とかもたしか安くなったのかな、だから寄付する人も多くいたんだ。それからその団体が発展するにつれて、住んでいるままでも自分の家を寄付できるようにもなった。ま、そんなわけで、いろんなことがうまいことつながってすごいでかい組織になるわけ。環境保護の大成功の一例なんだ。それが広がって世界にナショナルトラスト運動というものができる。これは、つまりイギリスのナショナルトラストのように土地を買い取って、その土地を保護していく運動のことだ。ひとつの運動から、世界に広がりを見せていまやその名前も固有名詞から一般名詞化したんだ。

つまり、俺が何がいいたいかと言うとだな、笑、ほたる先生という実在の先生が子供と一緒にほたるを飼育することによって環境保護、その他いろんな問題に取り組んだように、この活動が全国に広がればムッチャいいと思ったわけ。その第一弾が映画の公開、そして文庫本の出版だったなら、これから第二弾は全国で蛍の飼育を始めないと。そう、これが俺の今したいこと。かな。笑 したいといっても、でもすごい大変だし。でもAPUの学生と、別府の小学生、中学生と。一緒になってやれる気はするんだけどな。わかんない。

ま、とりあえず何書きたかったか見えなくなってきたしそろそろダウンタウンに行かねば。とりあえず昨日はバレーボール楽しかった~~~。マジ疲れたけど。楽しかった。それにけっこうKyleとか、もう一人、ヨシュア?だっけ?なんだっけ、名前は忘れちったけど、とにかく、うん、話したからよかった。楽しかった。あーこんな風にしながら勉強にもおいつければ最高なんだけどね。笑

2005.1.30
Masaharu Shigematsu@Canada
太加士くるまであと11日★
今日が琉那の誕生日★
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-30 10:11 | kokoro no tizu

忙しさの中で

When people are busy, they tend not to be able to see the world around themselves.

When I am so busy, I am likely not to be able to see what is going on around me, and even I am likely to forget things that are really important as a human being.

But now, I am super hyper busy and still I keep these in mind.
I am thinking about these important things even I am in busy.

Because I feel friends around me even they are in distant,
Because I feel kindness toward me even it is invisible,

Because I am not alone,

I can be myself.

どんなに忙しくても、最近すごく友達を感じるから
どんなに離れていても、みんなの優しさを感じれるから
俺は一人じゃないから
だから俺は俺でいられる。

自分でも自分をわかってやれるようになった。
危ないときは自分でセーブかけられる。
つらいときは友達に相談できる。
苦しい時でも自分を張っていきていける。

だから俺は決めた。
いつまでもうじうじしてるのはもう終わりだ。
考えるのもそろそろ終わり、もう十分悩んだよ。
よく考えた。よく考えた。
だからもう悩むのはやめて
最初の一歩を踏み出すとき。

厳しい道へ進む勇気を
辛い時を乗り越えられる信念を
みんな、ちょっとだけ分けてください。

おれ、がんばるから。

2005.1.26
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-26 10:11 | kokoro no tizu