ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

my parents and me

成人式を終えて
 成人式を終えた今、私は「ありがとう」と言ってくれたみんなに「ありがとう」をお返しします。まずこの式の企画から運営まですべてをやってくれた成人式実行委員のみんなには本当に感謝のつくすところはありません。カナダに来るまでは、日本で成人式を迎えられないことが悔しくてなりませんでした。でも、1月9日、会場へ足を運んでみると、そこには飾りつかられた部屋と「成人式」と書かれたたて看板、そしてみんなの「おめでとう」がありました。T君からのお祝いの詩も、それに答える形となったAさんの答辞も、とても胸を打つものでした。会は進み、中盤は笑いありの企画。しっかりと準備したことを思わせる手際のよさにただ驚き、ただ楽しませてもらいました。そして会は終盤に近づき「成人の主張」というコーナーに。そこで行われたT君とお母さんのやり取りを聞いて、私が驚いたのは、高校の頃の進路の話を祐一君がした時、お母さんもそのことを気にしていたということです。私も進路は悩み、今でもよくいろいろと思うものですが、それを親が気にしているとは少しも思いませんでした。祐一君のお母さんはその後、他のお母さん方に子供のやりたいようにやらせてあげるのが一番だ、と言っているそうです。言葉がでませんでした。Iさんとお母さんのやり取りもまた、感動的でした。「お母さん、私を生んでくれてありがとう」「涼子こそ、生まれてきてくれてありがとうね」まるでドラマみたいだったけど、すっと心から出た言葉だったのだと思います。この時思ったことは言葉にするとうすっぺらいので辞めておきますが、みんな一緒だったのではないかな、と思っています。
 私はこれまで自分が生まれた事がどれだけ両親に影響したのか、などと考えた事はありませんでした。むしろ自分が両親から受けた影響ばかり考え、よく文句したものです。しかし、私が生まれたことで、両親の人生も大きく変わったのだ、と思うと、それがよかったことだと思ってもらいたいです。私と両親は滅多にまじめな話はしません。特に母とはいつもたわいもない事ばかり話します。何を考えているのかなんて少しもわかりません。多分体重と肌のことくらいでしょう。そんな母に、私が生まれてきて良かったと思ってもらえるにはきっとその手伝いをしたらいいのかと思いますが、そんなことよりも私は私のやりたいことをやりたいと思います。親孝行はしたいけど、敢えてやるものではないと思っているし、敢えて出来るものならもうやっています。親孝行なんて口でいうほどきっと簡単じゃないと思うからです。今のところ、私は両親を振り回してばかりです。突然実家の千葉から大分の大学へ行くと言い出し、さらに今度はカナダにいる、私の兄弟でも私だけがこんなです。それでもいつも「あなたのことだから」と言って、たいした助言も言ってはくれません。放任主義のようなそれが母なりの思いやりなのだと思っています。だから私はその気持ちにしっかりこたえたいと思います。自分が満足できる人生を歩みたいし、それが私のできる最高の親孝行だと思っているからです。ちなみに父はなかなか私の教育に関わりませんでしたが、父が私の大学入学の際に送ってよこした手紙がいつまでも忘れられないので、それを紹介して終わりたいと思います。あ、ちなみに家族のみんな、帰ってからこの作文のことで俺をからかうのはやめて下さい。(笑)

勉強しすぎるな、遊びすぎるな、頑張りすぎるな。
何事も過ぎるのはよくない。

でも諦めるな。



以上、今回てらけんに頼まれて書いた作文、「成人式を終えて」でした。笑 なんでも親に配る用の新聞に載せるらしい。こっぱずかしいけど、けっして口では言えないのでちょうどいいチャンスだと思ってかきたくってやりました。笑 おとんとか、マジあんまし俺のやることに意見したことないんだけど、でもま、こうやってしっかり俺のかんがえの中にははいっとるぞ、という。ま、親父らしいといえばらしいけどな。
今日は今バドミントンを久しぶりにしたんだけど、マジ体が動かない、、、泣きそうでした。で疲れたから今からシャワー浴びて、メシ食って、授業でて、多分リッツでお勉強かな。はい。今は昼の2時。

2005.1.31
Masa@Canada
Tがくるまであと10日?
今日で最後の一月。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-31 10:11 | kokoro no tizu

going my way

最近また英語で書くことの価値を見失ったので、日本語で書きます 笑 それに今日の書きたいことは日本語じゃなきゃかけない。

ま、でもその前にToday my pretty pretty neice(spell correct???) will be 1 yr old!!! Happy Birthday my Luna~~~!!! I am so happy that u became 1 yr old. I am so sorry that I cannot say it directly to u, but Masa-ni-chan will be back soon to celebrate ur birthday later. kakaka

よし。姪馬鹿ぶりを発揮したとこで。
今日友達の突然(俺にとって)ロス行きを知った。どうやら音楽関係の学校に1年いくらしい。違う友達もイギリスに行くということをメーリスで知って、どういうことなのか今聞いてるとこ。違う友達は万博のために休学した後、留学をするといううわさ。また別の友達はインドネシアに留学が決まってるし、あと台湾にも一人、あとタイに2人、京都の立命館大学へ1人、休学が1人、、、。こうやって考えるとムッチャいろいろなとこにみんなが散ってくんだと感じた。俺も実際たぶん去年の秋に、そうやって思われていた人の一人だろうけど、そう思うと、人間てマジ自分の道を歩んでいくもんだな、と思った。多分大学の時点でこんなにアホみたいに(笑)海外や別の場所へころころ移動するなんて珍しいのだろうけど、でもマジでみんな自分のやりたいことに向かってるんだろうな、と思う。特に俺がすごいと思うのは、英語の勉強じゃないことをしにいく人たち。だって英語って言ったらシュウカツの必需品みたいになってるから、就職に有利なことは間違いないじゃん。それが目的であろうがなかろうが、とりあえずきっと便利。でも他のことってさ、けっこうカケなんだよね、俺にとって。そのカケが出来る勇気が今の俺にはない。

俺もさ、いろいろしたいんだけど、どれがいいのかわからんし。音楽に進むとかマジすごいよな。俺も昔はバレーの選手にあこがれたけど、でもそこで終わっちゃうんだよな。そのくせ今でもすごい未練たらたら。でもやってないけど。韓国語も高校生の時はムッチャ勉強したいって言ってたじゃん。なのに結局履修してない。どないやねん。英語だって結局は中途半端で、それも、でもしっかりやらなくてももういいか、って少し思ってきてる感あり。興味のあることは中途半端に切り上げる。これが知らずのうちに俺流になってて、マジださい。

初志貫徹とはマジでむずかしい。心変わりの多い俺だから余計無理。それに諦めてるつもりないけど、きっと周りから見たら完璧に諦めてるのかも。せっかくこないだまでやる気あったんだけど、勉強に身がはいらないとこを見るとそれは作り上げたやる気で本当に心のそこからわいてきたもんじゃなかったのね。残念。

今日何をしなきゃいけない、っていうのをムッチャ書いて付箋を貼って、見てるけど、多すぎて無理。絶対に今日中に終わりません。でも最近はしっかり睡眠だから、(今日も昨日夜の8時に寝て朝の4時に起きた)あんまし勉強してない。してないんじゃなくてやる気でないから結局違うことしてる。んで思いついたのがパソコンで勉強。これなら勉強してるけどまだましだし、何気にしっかりやれるし。遊びながらみについてる感覚。お前は小学生か。はい。。。

韓国人の軍隊いきもまた今頃だよね、また何人かいなくなってるんだろうな。多分。こう考えるとAPUに今誰がいて、もし俺が何か企画を立ち上げた時に誰が手伝ってくれるんだろう、、、と不安になる。俺今すごく蛍をとばしたいのに。。。環境問題を考えることにもつながるし、子供の教育の問題、親の問題、地域の問題、行政の問題といろんなことが一気に学べるし、生物の儚さだって学べるはず。実際俺が一番学ぶこと多くなりそうだけど。でもそれを「ほたるの星」を読んで思ってさ。やりたい。別府でもやれないかなあ。観光の新しい名所にもなる気がするんだけどなあ。ま、でも蛍は観光目的でも勉強目的でもなくて生きるためにいるんだけど。でも彼らの生を勉強させてほしいわけ。

ナショナルトラスト運動って知ってる?イギリスの湖水地方が開発の危機にさらされたときにその土地の美しさを壊されてはたまらない、という思いから3人のイギリス人が立ち上がり、反対運動を起こすのだけど、やはり土地所有者には何もいうことができなくて、開発されそうになるんだ。だってその人の土地だもん、何したってかまわんじゃんね。そこで彼らが思いつくのはその土地を買ってしまうこと。募金を呼びかけ、その土地の価値をしってもらい、住民たちを巻き込む大騒動になるんだ。そこおの土地の人たちだって自然を失いたくなかったわけ、思いはひとつだったんだね。おかげで買取に成功、自然は守られたんだ。でも今度はその買い取った土地を誰が世話するのか、が問題になる。そこで彼ら3人が立ち上げるのがナショナルトラストという団体。彼らはこれからいろいろな場所を買い取ったり寄付によってうけとったりしていくんだ。ってのも、彼らは国から援助されていろんな権利や特権をもつようになった。たとえばナショナルトラストの所有財産には税金がかからない、とか、所有権の引渡しの際の税金とかもたしか安くなったのかな、だから寄付する人も多くいたんだ。それからその団体が発展するにつれて、住んでいるままでも自分の家を寄付できるようにもなった。ま、そんなわけで、いろんなことがうまいことつながってすごいでかい組織になるわけ。環境保護の大成功の一例なんだ。それが広がって世界にナショナルトラスト運動というものができる。これは、つまりイギリスのナショナルトラストのように土地を買い取って、その土地を保護していく運動のことだ。ひとつの運動から、世界に広がりを見せていまやその名前も固有名詞から一般名詞化したんだ。

つまり、俺が何がいいたいかと言うとだな、笑、ほたる先生という実在の先生が子供と一緒にほたるを飼育することによって環境保護、その他いろんな問題に取り組んだように、この活動が全国に広がればムッチャいいと思ったわけ。その第一弾が映画の公開、そして文庫本の出版だったなら、これから第二弾は全国で蛍の飼育を始めないと。そう、これが俺の今したいこと。かな。笑 したいといっても、でもすごい大変だし。でもAPUの学生と、別府の小学生、中学生と。一緒になってやれる気はするんだけどな。わかんない。

ま、とりあえず何書きたかったか見えなくなってきたしそろそろダウンタウンに行かねば。とりあえず昨日はバレーボール楽しかった~~~。マジ疲れたけど。楽しかった。それにけっこうKyleとか、もう一人、ヨシュア?だっけ?なんだっけ、名前は忘れちったけど、とにかく、うん、話したからよかった。楽しかった。あーこんな風にしながら勉強にもおいつければ最高なんだけどね。笑

2005.1.30
Masaharu Shigematsu@Canada
太加士くるまであと11日★
今日が琉那の誕生日★
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-30 10:11 | kokoro no tizu

ほたるの星

ほたるの星を読んだ。
宗田理の本。
にいちゃんの大好きだった宗田理。俺は映画の「僕らの七日間戦争」しか見たことなかったけど、あれ、けっこう好きだったな。宮沢えりとか懐かしい。

さて、きむろんに薦められて、わざわざますみに買ってきてもらったわりに、昨日までずっとよんでなかったけど、読むと一気に読めてしまった。気づけば2時間で読み終わった。こんなに早く読み終わるのも初めてで。
ストーリーはわかりやすくて、単純なんだけどさ、でもまあ、じんわりいい話。ずどーーーんとくるようなもんじゃない。ホンマ、じわじわ感動した。でも泣きましたけど、相変わらず。

それを読んでまた考えてしまった。この本を薦められたのも、教師を目指すなら、というもんだったし、読んで余計そのときのことを考えてしまった~。しくった。しかも読みだしたきっかけも勉強が少しもはかどらなかったからだし。あーまたあかん子に逆戻りだーーー。しくった。

とりあえずサマーのハウジングだけアプライして金だして(デポジット)、んでまあ、どうしようかね、ってとこ。

んーーー。朝から柏原のねえさんと少し話して、どうやら人生を少し知ってる25歳の姉御は姉御なりのことを考えてるみたいだけど、、、。どうだろ、またやりたくなったらカナダに戻ってくるかな?それからでも間に合うかな???だって今そうでもないのに、見えない将来のために動くのってけっこうしんどうじゃん?今やりたいことを犠牲にしても意味のあることなのかわからんじゃん。。。

はあ。ま、いいや。
とりあえず今日は金曜日。どうしようかな。多分飲むだろうな 笑

2005.1.28
Masa@Canada
Tがくるまであと13日★
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-28 10:11 | canadian life

kitanoya Guu

ITS FRIDAY...

I woke up at 6am, and wrote a paper for ANTH100. It was about my personal experience related with the anthropology... ummm I had not decided the topic, but I chose the culture and subculture. I wrote about the subculture wich exist in Japan, caused by the difference of region, and also I added the subculture yielded by the difference of generation. In second example, I wrote about my grandmother.

Sigh... so fuckin tired, ok then I went to damned ASTU classes... yeah I can tell I really do not want to take these courses, they are out of my interests.

Ok, then I went to the Izakaya, with Akiko, Take-chan, and Narumi, later got together with Hisashi and Yugo. Today there were not Daisuke-san and Sayaka-san who I knew, but in stead, there was a terrible floor manager who were so rude and not-polite behaviour. Akiko, however, seemed so happy to find a cool guy among the stuff and was happy to talk to him. kakaka

We talked several things but today was really fun. Just fun. un.
I need to work on the reading more and more since I have mid-terms coming to next week ...

2005.1.28
Masa@Canada
Tがくるまであと13日。
琉那の誕生日、あと2日。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-28 10:11 | canadian life

忙しさの中で

When people are busy, they tend not to be able to see the world around themselves.

When I am so busy, I am likely not to be able to see what is going on around me, and even I am likely to forget things that are really important as a human being.

But now, I am super hyper busy and still I keep these in mind.
I am thinking about these important things even I am in busy.

Because I feel friends around me even they are in distant,
Because I feel kindness toward me even it is invisible,

Because I am not alone,

I can be myself.

どんなに忙しくても、最近すごく友達を感じるから
どんなに離れていても、みんなの優しさを感じれるから
俺は一人じゃないから
だから俺は俺でいられる。

自分でも自分をわかってやれるようになった。
危ないときは自分でセーブかけられる。
つらいときは友達に相談できる。
苦しい時でも自分を張っていきていける。

だから俺は決めた。
いつまでもうじうじしてるのはもう終わりだ。
考えるのもそろそろ終わり、もう十分悩んだよ。
よく考えた。よく考えた。
だからもう悩むのはやめて
最初の一歩を踏み出すとき。

厳しい道へ進む勇気を
辛い時を乗り越えられる信念を
みんな、ちょっとだけ分けてください。

おれ、がんばるから。

2005.1.26
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-26 10:11 | kokoro no tizu

カナダで暮らすということ

今日は日本語で打とう。

さっきメールを確認したら、大学の先輩からメールがきてた。どうやら海外旅行(卒業旅行か)でヨーロッパにいってたらしい。おお、ムッチャええ、と思いながら。そのメールを読んでる間にいろいろ、先輩の考えたこともなんとなく伝わってきた。俺が昔愚痴ったことが少しわかったよ、とか。笑

海外に出ることの意味を先輩は考えてた。結局最後は、「それでも外にでるのはいいことだ」っていう締めくくりだったんだけど。でも俺も考える。どうだろう、海外で暮らすことは、本当にいいことかどうか。わかんない。正直、今カナダもうすぐ6ヶ月で、普通の学生と同じように寮に住んで、こっちの授業に出て、食事をして、英語をしゃべって、んで。でもそれが本当にいいかと言われれば、まあ、はっきりといいと言い切れるわけでもない。

どうやら俺はかなり日本、という文化のある家で生まれたらしく、どうもいろいろしっくりこない。小さいことが、こういうときには大きくなるとはまさにこれ。ホント、すごいちっちゃいことだけど、そういうときに日本を感じ、日本が恋しくなる。シャワーだけの生活とか。食事のありえない油とか。男女関係とか。ま、いろいろ。

でも、外に出たからわかったってことだってあるし、外にでて発見したことは多々。親に対する感謝、友達と過ごす何気ない日々、言語の大切さ、日本という国の裕福さ、教育の違い、考え方の違い。もしかしたら俺は結構エスノセントリズム?って思うことはけっこうある。愛国心とかじゃあないとは思うけど、いろんな面で、日本がいいと思う。ただ懐かしいのかな。とも思うけど。でも授業はこっちの方がいいかな、もしぺらぺらに英語しゃべれてたら絶対にコッチのほうがいい。日本語でもこういう授業ないかなーって思うし。そういう意味で、清家先生の授業はどちらかというとこっちに近いかも。ほら、あのときあんなに嫌だった先生の授業がいいと思えるわけ。

違う環境にいくことは、絶対にその人の価値観を変える。100%変わるわけじゃないし、でも絶対に影響される。仮にその人の信念は変わらなくても、絶対にそこにいくまでの道筋で考えるその方法が変わる。それくらいの影響力を持っている。

その上で、じゃあ、長いこと海外に身をおくことがいいことなのか、それがわからない。もちろん日本にはいつでも帰れる。だから、それならせっかくのチャンスを、海外で過ごせばいいとも思う。もし俺が高校生ならそれで済んだと思うけど、でも俺ももうすぐ大学3年生。いつまでも夢見てばかりでいいのか。それがわからない。人間はいつになったらマジ目に働くことを意識しなければならないのか。人間はいつになったらサンタクロースを信じるのではなくて、いかにサンタクロースを信じさせることを考えるのか。

他人は関係ない、自分の人生は自分のものだというけれど、でも他人との関係の中で生きてるんだから、そこだけ調子よく他人を排除なんてできない。周りの子の将来設計を聞いてると、その最終目的がないことだけにただ不安を感じ、そのせいで今を満足に生きてない。将来を考えて勉強したいけど、将来がないから何していいのか、どこにいていいのかわからない。ただ興味のままに進んでると、卒業したときに何が残るのか。今日のことばかり考えて、今日を生きていけば、楽しいかもしれないけど、じゃあ2年後に振り返って、また同じことしてるんじゃない?その辺がどうもわからない。

ま、深く考えれば考えるほど、底なしの沼にはまっていく、という久しぶりに俺らしい行動をとっているから、なんか俺自身自分でこっけいだなーーーと思ってるけど、でもまあ、俺はこの性格、まあいいんじゃん?と思うし、これはきっと考えるに値する。ナウシカ覚えてる?アスベルを助けるために樹海でメーベで飛び回るけど、蟲に当たって下に落ちてしまうんだ、で、そこが砂地獄。アスベルは必死でナウシカを助けようとするけど、砂丘にやられて動けない。ナウシカはもう気絶してる。もがけばもがくほど、砂地獄って入っていくんだってね、マジ最悪。でもそのあと、ナウシカは事の本質を知る。樹海の地下におりたったとき、はじめて世界がなぜ樹海を作り出したのか、本当にすべきことがなんなのか、理解するんだ。きっと、砂地獄の先は地獄じゃない。むしろ、悟りの境地のはず。だから、俺もこの地獄を越えた先にはきっと待ってる、自分を理解できる日が。今すべきことは、とりあえずもがいてもがいて。もがくしかない。

2005.1.25
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-25 10:11 | kokoro no tizu

Bday party

yesterday was Yoko's Bday party. Ididnt know that actually, and I knew it from Goh with invitation to the drinking party. Since I drunk too much last weekend, I didnt want to do so, and I decided not to drink and smoke for a while, but since this was the Bday party, I decided to join.

7pm, everyone was ready at aActivitiy-room in Ritshouse, and waited for Yoko. around 7:15, she came back from korea Day, and we sung Bday song for her. She was crying since this was really surprising for her. we ate cakes and took many pics with all of us. Then I heard the next party would start from 11pm... but we had about 3 hrs until 11pm... and stupidly, Goh and kazuhisa went to the century club where ppl had to pay $20 and drunk 1oo shots in 100 min. ... sounds interesting for me, but I decided not to drink much, so I decided not to go. so, me, hide, and soushiro were so free, nothing to do. then i remembered kaori was free, so i asked her if she didnt mind to go to her room. and she was kind enough to give us spagetthi with her-made meat source. that was so nice, she was really nice. but actually b4 party she asked me to have a nabe-party... it might be better ...

anyway, times came at last, and we went to Yoko's room. sounded so noisy, and it turned out that there are ppl already... like... goh, kazuhisa, and Greg. oh come on, this was third time ... ok ok, anyway.... the party was so crazy... even i didnt drink... that was crazy enough. yumi was one of the main reason... hahaha, at that night, many ppl came to say happy Bday to yoko, like haruki, yudai, maho, kyoko, and else... so anyway yeah, the party was so ...fun....

but i agan slept all the saturday ... hahaha ... i even didnt go to play Vball and didnt go to watch Ryohei's game... and even didnt go to watch Vball game of Tbird....

anyway, tomorrow I will study as much as I can... oh but from 5pm, we are gonna watch American Pie.....kakaka

2005.1.22
Masaharu Shigematsu@canada
c0005699_7424677.jpg

[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-22 10:11 | canadian life

biological clock

ummm... my life was now terrible...

I need to fix this... I slept 8am and woke up at 9pm... my biological clock is already broken... by myself... and my stomache always hurt me. This is my fault... but... I could not finish my reading... tomorrow is the quiz... its only 6% for whole, but I feel great pressure from it, and now its 6am... I havent finished writing my application for second-year program yet. and the deadline is today, so I have to submit it to seto-san today... haaaa, so fuckin だるい today...

God, what should I do??? I really donno what to do. Is it only now to feel boring because I am under great pressure? or is it really boring life in Canada to study and learn English??? Isnt it much better for me to go back and study another thing, or work and earn money, or plan some events??? isnt it more regrettable??? Do I regret if I go back to Japan??? Is it what I want to do to stay in Canada?? What I want to do??? I am so jealous for those who have a clear vision about future... and their intersts... I dont have any of them...

But I cannot be negative now... time is limited and I dont have much to relax actually...

BE POSITIVE~~~

2005.1.20
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-20 10:11 | canadian life

Dreams and Future, as well as Present

As I wrote, I will write about what YUI and KEN-Chan told us yesterday.

Basically, they gave us some good advice about the second-year programme, and we asked Q and they game us A back. After Mr.Murayama joined and talked something about the systematical stuff about the second year programme, he asked YUI and KEN-Chan about few personal things.

What I really remember were somethings that overlapped with mine, and I thought about dream, future, and the present.

MY DREAM and the FUTURE:
I used to have a lot which I would like to do in the future. When I was a junior high school student, I wanted to be a English teacher like my English teacher. That was my first time to be interested in English. He motivated me to study about English. He told me the interestingness of English. He was such good teacher not as a English teacher but also as a teacher who help students in many ways.
Then, at the same time, I wanted to be a professional Vball player. It was just dreaming, maybe, but it could be really serious for me at that time, and, even now. Since I was in Vball team in junior high and my team was strong enough to be a champion of that whole area. I love playing Vball, and I wanted to go to high school from which I got recommendation to enter that high school. You know, but the real life was not that simple. At that time, I was kinda ... person who cared about things around me. I cared what ppl saying about that high school and I cared a lot about my future. Since my sister and brother told me that high shcool was really important for ur future, I took great consideration to decide which to go. But, the reality is not that. I dont think high school yield much difference...
I went to a high school which is famous for its English education. I was in the international course, went to Australia for two months, made a presentaion, had a debate, wrote about 3,000-words thesis paper. The enitre life was so busy, and three years passed so quickly.
My choice of university was easy. I didnt take much time to think about my future, but I strongly belived to study more about the world and English, so I decided to go to Asia Pacific University, where half of students are from overseas. In APU, I faced so many difficulties and managed to live up to now.

So, it seems that I kinda made one of my dream come true. Yes, its true. Going abroad and study abroad was one of my dreams. I did it. I am doing it now. But, isnt it really dream??? no, this is juts the pass-point. So, what do I want to do from now? Do I want to be a English teacher??? Do I want to study more about English, in turn I can use it when I work??? Do I???

There is no clear answer. There is no "I" who can answer for these questions.

CURRENT:
What I am doing now is ... study economics 102 and anthropology100, astu 201 and 202. and... possibly try to stay another year in Canada. However, it seems very difficult to make decision. I am really indecisive, and think about many things that will be affected since I make decision. I have so many things that I want to do, but I dont think they are related to my future career, so maybe priority will not that high... in turn, I dont think I can make them happen... actually I dont know how much I want to do these... but... sometimes small tip of motivation will be a big fream...

ANYWAY, I have so many things to do now, this is just aweful!!! not awesome!!! terrible, horrible, sucks. Haaaaaaaa, anyway anyway, what I can do now is just do what I am supposed to do. I should not think anymore, that only make me mad and mad and crazy and mad.

Hope I can change my mind clealy and concentrate on my study.

2005.1.18
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-18 10:11 | kokoro no tizu

Second Year Program and Rits Joint Program

I didnt sleep tpday... what I did were.....
- I chatted with Minoru 久しぶりに~~~
- I studied Anthropology in my room
- i chatted with Ryoko who will come to Canada from next September!!! as Rits15!!! congratulations!!!
- and I chatted with Takashi who will visit me in next February!!!

and... today, I just went to Class of ANTH and back to room... slept until 1:30pm... and went to Asian Cntre where we had a potluck party!!! Sounds exciting eh!?!? but actually that was not that interesting ... and I could not have much fun with ppl there... but i could meet with Dancan(?) so I think it was so-so good. We promised to meet again and have fun together someday...

and then, I had a explanation session from Rits13 Yui and Kenta. That was just awesome!!! I will write it more later. Now I am in Goh's place, and had a dinner with Goh, Kazuhisa, Hasumi, Yoko, and Haruki. hmm I spent much time here... I should go study!!!!!

2005.1.17
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-01-17 10:11 | kokoro no tizu