ブログトップ

boku-no-kokoro-no-sekai-tizu

masaharu84.exblog.jp

<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

終わった!!!

c0005699_17164157.jpg

終わった!!!

はい、今日どうにかプレゼンを終了しました、きてくれたみんなーありがとう。ホンマにありがとうね。リッツ14のみんなとこうして歴史教科書の話、出来てマジでよかった。ありがとう。んで、さっきどうにか履修登録終わりました。はーぜんぜんいいもん取れへんかったわー。でもまあしゃあないよな、うん。はあ。

プレゼンはじまったばかりの時はどうなるかと思ったけど、時間がたつにつれて、だんだん人も増えてきたし、それに内容も濃くなってきたし、だんだんわくわくしてきたんですわ。うん。とりあえず、自分のパートのとこをしゃべってるとき、なかなかうまいことはなせへんかったけども、でもまあ、どうにかこうにか。んで、そのあと里佳のパートに進んで、パワポをうまく使われへんっていう、、、。笑 間違えました。ドンマイ。笑

んで、KJ方式に進み、最初は静かだったけど、でもまあだんだんにぎやかになってきて、だんだん意見がでてきて、なんかものすごいいいKJ方式やったと思う。ブレインストーミングもムッチャ良かったし。んで、だいぶ出た後で、んでみんなでディスカッションをしてる時も、一人の意見の後で他の子が意見してくれたりして、マジ、うちらなしでもディスカッションを進んでる、っていう感覚で嬉しかった。みんな、いろいろ意見だしてくれるわ。

とりあえず、ま、たっちーのおかげでビデオも撮れたし、ホンマにありがたいし、里佳のどうにか頑張ってプレゼンもできたし、久しぶりに「世界の歴史教科書博覧会実行委員会」というのを直に体験しました。また、気を取り直して頑張りますわ。おう。

とりあえず、きてくれたみんな、ビデオかしてくれたたっちー、一緒にプレゼンした里佳、資料送ってくれたえみさん、感謝してます。ありがとう。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-24 00:16 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

最近

最近よーけ花川とメールしました。

いろいろとお互いまあ、よく頑張ってあんだけ長いメールをしたもんだ。俺らに拍手★
んで、まあ、結局どうなるのか、いまいちつかめんし、みえこたちの話し合いの結果をまたんことにはどうにもならんわけなんだけどさ、まあ、俺の意見としてはね、とりあえず、俺がどんだけ吠えようが実際に活動しちょるんはむこうなわけだし、俺が戻れるのは6月なわけだから、ま、そこらへん、考えると、まあ、しゃあないし、俺がいいすぎてもあれだなと。

まーまーどうなってるのか、よく見えるようにタイムマシンとどこでもドアがあればベストだけど、ドラえもんがいないから、俺ものび太君じゃないからなあ。ジャイアンならどこにでもいると、昨日韓国料理を一緒に食べにいった台湾人と話してました。ま、そこのレストラン最悪だったけどね。まじで。ぜんぜんおいしくないし、高いし、チップうるさいし。サックスでした。はい。

というわけで、まあ、とりあえず俺とりかのカナダ班はもうすぐあるプレゼンのために大忙しだった。先週もいっぱい考えて、今週もまた。まあ、頑張りましょう。この立命からきてる学生さんたち、みんなものすごい意見強いから。笑もう大変なことになりそうですけどね。はい。
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-20 12:50 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

Shiba's Bday!!!

Hey Shiba!!! Today is your Bday!!! Happy Happy Happppppppy Birthday!!! YOU know what??? everyone is so happy to be able to celebrate your birthday with you, and you know why??? because you are such nice person as you are!!! everyone loves you so much!!!

I am happy that you are happy, and everyone is so happy that you are happy too!!!

How fantastic it is and you are, shiba!!!

Keep it up and have a nice 20th year!!
remember, you would better to think and say thanks for your parents, and your surroundings. the birthday is the day in which you will say thanks to everybody and you got said thanks from them★ how sweet it is.
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-19 17:22 | canadian life

人は悩む

人は悩む。

人は考える。

だから人なんだと思う。


人間が考えることを失えば人間でなくなり、

人間が悩まなければそれは思想という観念の廃止である。


人が考えるのは人であるゆえ、避けられず、

人が悩むのも人が人である証拠。


人間らしく生きよう、だから考えよう、悩もう。


人間であることを誇ろう。

と同時に人間であることができるのはなぜか考えよう。


私たちの存在を可能にしている全てのものに感謝しよう。

そして尊敬しよう。


生んでくれた母父、

共に過ごしてきた家族兄弟、

支えてくれる仲間、

そしてこの地球を。


いとおしいと思う、

愛する心。

ありがとうといえる、

素直な心。

すまなかったと反省する、

省みる心。

自分本位にならない、

相手の心を考える心。


さあ、かんがえよう、地球に生きる人間として、

地球に生きる多くの生物たちとともに

共にいきていくために

わたしたちがすべきことを。


心に太陽を

あなたに微笑みを

地球に愛を

そして自分には誇りを
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-17 13:54 | kokoro no tizu

BEER

Last night I had an exam... and that was over!!! Fu--- I think I kinda overcame the most terrible week in March, and now I am somehow feel better. So, I decided to drink beer. I havent had beer for three weeks, and the taste was so gooooooooooooooooooooooooooooood!!! Moreover, I talked many things with my friend, and that was really good time. We shared really nice time. "Sharing time with precious friend"

So, today, I am not gonna do so much work for next coming essays, but just be in my room, see outisde through the weindow, and feel Canada...

Nothing special, nothing unusual, and thats my life. I now think this is not so terrible as people think. I think this is my way. I might go out tomorrow to Capilano suspension bridge... hope to see wonderful scenary.

I am now thinking to go to LA or NY, or jut seattle, havent decided yet, but surely go out from Vancouver. Doesnt it sound nice???

2005.3.12
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-12 17:00 | canadian life

the World History Textbook Committee

Because some of my friends asked me what does the World History Textbook Committee do, I will write about it here.

Our committee basically correct a lot of history textbook from all over the world. Because in Asia Pacific University, there are bunch of people from other countries, we ask them to send to Japan, or bring it with to Japan when they return to their mother country. Then, with the help from those donators, we translate them into Japanese and English. Now, you are able to compare the textbooks even you cannot read the mother language. What is the benefit of being able to compare textbooks???

Well, first of all, you can see the diversity and variety of textbooks. Some textbooks are used for 10 yrs, that means the textbook will not be owned by one individual but owned by school. Some are very thick and full-colored.
You also are able to see the difference of discription in the textbooks. What you learnt is not necessarily what people in other countries would learn. Because each countries have different vew point to see the history, there will be different in its discription. Or, there will be the difference of writing amount for one event. It again depends on how the country was involved or how the country recognize it as important issue.
Now, if you know that there are a lot of differences between textbooks, what you can got from this knowledge??? Well, you have to think about what roles the textbooks carry. You have to consider the significant educational roles of textbooks.
Because it is the first academic book that you have and is the one teachers use, you will more likely to believe every discription and every stories on it. You might think that's everything happened in the world. If you learned WW2 from Japanese perspective, you might able to find many writing about atomic bomb. However, if you learned the same event but from different perspective, let's say China or Korea (those damaged countries by Japanese troops), there might be more discription about Japanese cruelty and you will find some emotional words.

Our mission is to create mutural understanding between people across the borders by giving the neutral resources which discribe one of the causes for creating differences. Because textbooks could be very viased and political, and the education is one of the key items to create your value structure, it will affect those reader of the textbook. This is what we considered most.

We, however, will only exhibit the textbooks and translations, and features of textbooks. We will not show any one-side idea for textbook as some organizaitons do. We have to be very newtral so that visitors can judge based on their culture. Having one particular idea wont make people think and it will be just thought control over the textbook issue. We do have idea, but still we need to study more and more since we also judge things based on what we learnt. APU offers great opprtunity in this point, because we have a lot of people from a lot of places who have different background.

So, I think you can understnad somehow what I want to do in Japan Hopefully... Now its time for me to work on the paper ...
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-11 12:00 | 世界の歴史教科書博覧会実行委員

1 month left in Canada

first of all, thanks guys who left some comments to me. every words are so warmful that I am now really happy to see these.

As I decided, I am going back to Japan.
This is really not what I was planning. In my plan, I was supposed to be in Canada in September again and study at UBC. I was supposed to be more friendly with those friends I made in 1st year, and I was supposed to live in Gage, I was supposed to speak English more than I spoke in 1st year, and I was supposed to enjoy UBC and Canada one more year.

But I decided not. This is what I decided by myself.
This is what I chose, not anyone.

So, I started to re-think about my life in Japan from this coming May.

That's so strange for me still, but I am very positive to do so.
Although there might be some difficulties, I think I can overcome.

Last night with Goh and Yoko, I talked about things we are concerning now; future carrer, things to do in univ, things to think, and "now". We talked too much actually, it was almost 1 am when finished to talk and back to study, but that was worth doing so.
Even I had an exam of ANTH, it seemed not big deal for me at that time ( reality was different from what I thought tho...)

I guess I have to enjoy myself in the rest of days in Canada since I only have approximately 1 month left...
yes I have to. this is what i havent done yet in Canada and things to do now. "enjoy myself" doesnt necessarily mean going out or travelling but sharing prescious time with prescious friends in Canada.

So, I guess its time to study for ECON exam!!!

2005.3.9
Masaharu Shigematsu@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-09 19:45 | kokoro no tizu

decision-making「辞退」

(English is below)

今日、人生で一番悩んだ結果の答えを出しました。
みんなにはいろいろと相談に乗ってもらったし、ホンマに助けられました。ありがとう。
みんなの存在に勇気付けられ、自分らしい答えを出せたと思います。

結論は、「帰国」です。

ホンマにいろいろと先週から考えました。
どうしたらいいのか、わからなくて、いろいろ悩んで悩んで考えて考えました。
みんなの意見に左右されそうになりながら、それでも自分の道を振り返りました。
俺が歩んできた人生はいつもこんな感じでクネクネしながら、決して一本まっすぐにはこなかったと思います。いつもどっかで悩んで後悔して、いつもうだうだしてました。
今回、そんなことはしたくはなくて、ホンマにとことん悩んだと思います。
これほどまで、そして出した答えが「帰国」でした。

それは、俺が今、したいことを見つけたから。

俺は、「歴史教科書博覧会実行委員会」を軌道にのせて、そして日本中に、世界中に活躍するような団体にしたい。できるなら、そしてしたいけど、企業化もしたいと思ってる。
この気持ちに気づいたのは、昨日、りかというこっちに一緒に留学してるメンバーと二人でこれからの歴史教科書について話し合ったときだった。俺、すげえフラストレーションだった。ムッチャああしたいとか、こうしたいってのを思いついて、んでやりたいことがあった。俺は今まであんましちゃんと考えてなかったけど、でも今度の万博は俺の中でも、教科書博覧会にとっても一大行事。これを逃しては世界に飛躍するチャンスを逃すと思った。そしてそれをしっかりやりたいという思いは前々からあった。でも、昨日、俺はさらに気づいた。俺はもし成功したとき、カナダからその活動を見守れるのか。俺は、自分の手でみんなとこの団体を成長させたい。これから先もコアメンとして頑張りたい。

まだまだ不安はあるけど、これは俺にとって今までで一番でかいカケだと思う。俺はこれにかけてる。そう、かけることにした。かけるだけの価値はだいぶ前から見出してる。俺はこのサークル、すげえ可能性を持ってると思うから。だからその可能性を信じたい。それがAPUである理由。そうだと思ったから。二年目に残るとはやくても一時帰国できるのは7月の頭になることも発覚して、それも悩みの種だった。

今日、瀬戸さん(こっちのコーディネータ)と一緒に2時間くらい話をして、やっと決心がついた。

ちゃんと、正式に文章にて、辞退を表明してきた。

というわけで、俺は俺の「今」にむかってつきすすむことに決めました。俺の「今」を決めるのは俺だけだから、俺が俺の今のために頑張ることにしました。まだまだ未練がないといわれるとそれは嘘になるだろうけど、それよりも、俺はこの「歴史教科書」に魅力を感じるし、俺は俺の可能性を試したいと思ったんです。俺の人生初のカケ、俺のいっちゃん大きい決断、そして俺自身の限界への挑戦をどうか、みなさん、見守ってください。

私はここに二年目プログラム「辞退」をあらためて表明します。


Today, I finally came to conclusion after a lot of hair pulling out.
Everyone helped me a lot, and every pieces of suggestion, adivice, and comments made me strong, really. Thanks so much.
I think I can make my own unique decision thanks to all of you guys.

The decision is "going back to Japan"

With having interview, I thought and thought about myself and with having result, I thought more about myself.
I was kinda lost myself, didnt know what to do, what to think.
I asked people around me what to do, and they gave me some suggestion. Sometimes I was swayed by these, sometimes not.
I searched my way, and I looked back how I have been lived until now.
My life was always not straightward, sometimes swayed, but anyway, my way was meandering. Always I was indicisive, I fussed so many times over small things, and I always regretted what I did.
I, I really didnt want to repeat this way, and that's why I thought so much about this decision, and I came to "return to Japan".

Because that is what I want to do now.

I want to make the "World History Textbook Committee" be known in all over the Japan and even in the world. I want people know about our activities, our missions, and want people to understand the difference of the world through the textbooks. I even hope to corporatize this committee.
I noticed this ambition when I talked to Rika, one of the committee members, about upcoming event "World Expo in Aichi". I noticed myself so frastrated when talking about the committee because I cannot do anything in Canada and still want to make action. Actually I never thought about it in depth, but I was only sure that the "World Expo in Aichi" is so big event for me and for us. We cannot miss this great opprtunity to appeal to the world about our activities. Otherwise, I thought we cannot do so anymore, anyhow. I thought this is kinda last chance for us. (maybe not really last chance, but could be last chance)

I also noticed myself really not sure about the next step of our committee. I mean, if successfully we can make expo well, and what do I think after that??? I think I want to continue the work in Japan, since I cannot do so in Canada. Then, I came to the idea of going back to Japan.

I have so many worries about myself and our committee. I think this is huge gamble for me. However, it is worth gambling, I believe. I am gamblig, yes, this is the first gambling in my life. I believe there is great potential in this activities we are doing now, and that's really worth gambling. I want to believe this posibility, and that's the reason for my going back to APU(Asia Pacific University where I was).

It would be the beginning of July to go back to Japan if I participate in the second year program. That also bothered me. Thats too late.

Today, I talked to Seto-san (the cordinator of our program) for 2 hours or so, and I made decision.

So, I decided to go ahead to my own "NOW". That is only me who can decide my own way, and it is me who go that way, and I decided to go forward to now. No more thinking about my future, I will work on what I want to do now. It will be lie to say I have no lingering affection for staying in Canada, but rather I am interested in the "World History Textbook Committee" and I want to challenge to myself, my ability and my possibility.

Please just see how I will deal with my huge gamble, my biggest decision, and my challenge to myself, and be there as you are now.
Feeling you guys, and I can be more and more stronger.

I am announcing here again my declination of second year program.



2005.3.8
Masa@Canada
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-08 17:20 | kokoro no tizu

もうしばらく、悩み続けます

なやんでます、まだまだ。
もうしばらく、悩み続けます。

実はこの2年目に残るプログラムには、面接があって、こないだのブログを書いた日に面接をしました。その結果で14人の応募者の中から4人だけ落とされて、10人だけが2年目に残れるんです。そういう状況の中で、俺は面接を受けて、もちろん、面接では下手に実はまだ、日本に帰るか悩んでるんです、とか言ったら100%落とされるから、そこはうまいこと、やったんです。なんかいかにも俺はムチャムチャ残りたい、それしか俺の頭にはない、みたいな。それがこないだのブログを書くきっかけでした。そんなことないじゃん。面接して益々どうしようか、という気分になったんですわ。だって、あんだけいっときながら、ホンマはどうしたいか、まだ決心ついてないのに、その中で4人落とされる、とかって、もし自分より頑張ってる人がおったら、その人おっこったらどないすんねん、って話やろ。だから俺は辞退も考えたけど、弱い俺は、alternativeを減らしたくなくて、なんか、捨て切れなくて辞退できひんかった。

んで昨日結果が出た。受かってた、とりあえず面接には。
嬉しいような、なんともいえない心境。落としてもらえればなんも考えんですんだのになーなんて思いつつ、でも、それはそれで嫌だろう、ととりあえず思ってた。授業を途中で抜けて、お茶漬け食べたくて、友達の所へいってたから部屋に戻ったのは、11時過ぎ。それから剛から電話がきた。えて

「まさ、受かった?」
「うん」
「そっか、おめでとう」
「あ、ありがとう」
「・・・」

なんか、いつもの剛らしくなくて、つい聞いちゃった。
「他の子どうか知ってる?」「○○○は?」
「俺の口からはいえない」

これって、あきらか、その子は落ちたってことでしょう。剛君、隠すのへたくそだから、もうわかってしまったんだ。でも最初に俺が聞いた子は、どうしようか、最後まで俺と同じで悩んでた子で、だからなんともいえなかったけど、でもだからって、同情、っていう感情でもなかったんだ。んで、そっから、別に普通に、卒業式実行委員のみんなとメッセをして、んで最後に景太にだけ、面接を通った報告をした。景太ムッチャ喜んでくれてて、俺もなんか嬉しくなった。

でもそのあとだった。

ある子がメッセで話しかけてきたんだ。そいつは俺の何倍もいつも試験とかの勉強やる子でさ、んで、俺は絶対そいつは受かると思ってたから、なんも思わずにウィンドウ開いたんだ。

「まさ、おめでとう。俺は落ちた、頑張れよ。」

え?何これ。何で???わからん。何言ってんの?なんで落ちるの?それはないだろ、、、。え?え?え?もうわからんかった。んで、景太にメッセして、相談した。俺、どう反応したらいいかわかんなくて、向こうは俺が受かったの知ってて、でも向こうは落ちてた。どうしよう、なあ、景太。どうしたらええん?聞いた。聞きまくった。景太も困ってた、でもこういった。

「厳しいけど、あいつは落ちたんや」

俺、これ見てすぐオフラインにしてた。無理だった。そんなん受け入れられんかった。泣いた。悔しかった。どうしていいかわからんかった。なんでかわかんない。なんで俺よりも頑張ってる奴が、落ちたん?あいつは一度も日本に帰りたいなんていわないで、弱音をはかずに頑張ってた。いつでもあいつが俺の目指すとこだった。あいつくらい努力しなきゃ、あいつが頑張ってるから俺も頑張らんと。あいつが、あいつが、、、。

なんで、なんでだよ、を連発したあげく、どうしていいのか、まじでわからんくなって、とりあえず、シャワー浴びて、んで部屋に戻った、けど眠る気にも、勉強をする気にもならなくて、んで、金八先生と、ヤンキー母校に帰る、を見てなんか別のこと考えた。5時になるとさすがに眠くて、もう次の日の授業は出なくてもいいか、と思ってたし、とりあえず寝た。

何回か授業に間に合う時間にも起きたけど、今日はもうやめよう、と心に決めたので、行くのはやめて、部屋でゆっくりして、もっかい考えたりしながら、とりあえず卒業式のやつで、オフィスへ。Sheriと相談して、んでそこから図書館に。したら、ばったり芝と遭遇。芝と話してるうちに、また泣いてしまった。これは不覚だった。ただただ悔しくて、ぜんぜん、なんか、アホみたいだったけど、女の前で泣くとか。でも目が涙でいっぱいだった。

でも、俺は思った。
俺ってつくづく卑怯だな、と。

自分は受かってるのに、友達が落ちてなんでないてるんやろ。同情でもしてるつもりか?自分の中で気持ちが固まらないなら最初からApplyせんかったらええやん。そこでアプライしてる時点で俺は選択肢を減らしたくなかっただけ。その前にちゃんと考えろっつうの。お前の勝手で勝手に泣いてんじゃん。最悪だな。そういうのがわかってて、それでもやるとか、ありえない。思い返せば、結構人生の中でそんなんしてきたなーとも思うわ。この留学決めるときも、アメリカン大学とUBCと併願して、んで両方受かっていい気になってんの。自分の中に決められないことがあると、いつもとりあえず選択肢だけは残しとくんだ。んで、選べるようにしてる。どんだけ、お前は偉いんだよ。

と、まあ、こんな感じで自己嫌悪。でもそれが俺のしたこと。そうだろ?自分でやっといて、自分で勝手に泣いてるなんて、卑怯すぎる。ただ、でもホンマに悔しかった。あの子、落ちるなんて思ったことなかったからさ、それに俺の二年目はいつもあの子がいる想定で考えてたから。ま、これも俺のエゴなんだけど。俺のエゴで勝手に俺の二年目の生活に入れられてても困るわな。

んで、今、なんか俺の雰囲気は「俺が今出来ることは、とりあえずがんばりぬくこと」ってなってる。もちろんそいつらに恥じないように、でもそれは建前のかっこつけの言い訳で、本当は自分を成長させたいからかな。今、なんか、もうこうなったら、絶対に辞退なんて無理だよ、っていう雰囲気あるんだね。実際俺も無理だと思うわ。ってか、万が一俺が辞退しても、他の誰かがいけるか、というとそうでもない気がする。

でも、だからってじゃあ、「俺は残る」っていうのは、実に主体性に欠ける。ここまできたら、もう引き下がれねえし、いまさらかっこ悪い。どっちにしても、俺が出来ることは、正規科目2科目突破して、権利を掴み取ること。ライバルが友達じゃなきゃ、ここまで考え込まなかっただろうけど、入試を考えると、こんなん当たり前のことか、とかちょっと思って、気持ち楽にして、ま、でもそれとこれとは別だから、ちゃんと重く受け止めて、どうにかこの先、「顔晴れる」ようにしていこうと思ってるとこ。

実際、こないだのブログでムッチャ日本に帰ってやりたいことあるんだ、みたいな書き方だったけど、実際、それも逃げなのかな、って思うとこもなきにしもあらず。Kashがあんだけ激しくいってくれたのも嬉しかったけど、景太がムッチャ俺の気持ちを理解してくれたのも嬉しかった、んでたいら、みちこさん、ようこ、なる、まほがわざわざメールくれて、はなえ、もちこ、ともひさ、まゆ、こずえ、プケちゃん、ちょうさんがコメントを残してくれて、まじで嬉しかった。こんだけみなさんから助言いただいて、嬉しい限りです。ただ、俺はその助言を鵜呑みにできないので、みんなからもらったメッセージ、一個一個、大切にして、それを俺の中で確認しながら、俺がこれからどうしていくべきなのか、を考えたと思います。大半は、日本に帰ったら?って感じだけど、それまだ決めかねるこのしこりの残る状況では帰れないだろうし、どうせ万博で2ヶ月くらい日本に帰るし。カナダ、という異国の地でこんだけいろいろ真剣に悩んで、これだけ人間として考える機会があって、よかったな、とつくづく思ってます。成長、できてるんかな。

こうやって、考えてると、どうやらまだまだカナダでもできることはあるのかな、とも思える。バドミントンもバレーも別にやろうと思えばカナダでできる。企画がしたい?そういうのも、トライしたらええやん。景太とこないだ話したときに、俺の中にある邪魔なプライドの話もしたけど、俺のこの邪魔臭いプライドをそうにかするには、やっぱこういう新しいもんが周りにあふれまくってるとこのがええんやろうかね。

ま、でもrushするにはまだはやいと思うし。とりあえず、俺はこの面接とその結果、を踏まえた上で、さらにもう少し考えることにします。ホンマにみんなありがとう。来週がいきなりまた中間テストなので、ちょっと本腰入れなおして頑張ります。

俺はまだ負けてないし、諦めてない。
俺の人生これから勝負。

2005.3.2
[PR]
by canadian_dreaming | 2005-03-02 10:11 | kokoro no tizu